第702回 龍谷大平安を破る原動力となった大杉渉太(東山)成長を生んだ苦悩の日々2018年05月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]最後まで粘り強くリード
[2]粘り強さがある負けず嫌いになった

 5月14日、京都大会二次予選であっと驚く出来事が起きた。この夏、甲子園100勝を目指す龍谷大平安が破れたのだ。龍谷大平安は高校通算50本塁打の松田 憲之朗、140キロを超える速球を投げ込む小寺智也、最速148キロ右腕・島田 直哉など大型選手を多く揃えたチーム。その龍谷大平安を破ったのが東山である。勝利の立役者となった正捕手であり、主将の大杉 渉太とはいったいどんな選手なのか。

最後まで粘り強くリード


本塁打を打った大杉の連続写真(東山)

 東山の足立監督は龍谷大平安を破るキーマンとして投手陣と捕手・大杉をあげていた。龍谷大平安打線を抑えるためにどんな配球を考えたのか。足立監督とバッテリーが考えたのは内角と、高めの速球でしっかりと攻めることだった。足立監督はその意図について詳しく教えてくれた。
龍谷大平安さんはベルトラインから低めに対して強いスイングができる打線なんです。だから内角や高めをどれだけ使えるかがカギでした。ただ半端な速球では高めも絶好球になってしまうので、威力ある速球を投げる小山湧平(背番号10)が先発になったんです」
 先発した小山は1回裏に1点を失い、4番松田 憲之朗を打席に迎えた。1ボールからの2球目。内角直球を投げ込みどん詰まりの二飛。内角球を要求した大杉は「あれで小山のストレートは十分通用すると思いました」と手応えをつかんだ。

 そして2回表、大杉が第1打席に立った。龍谷大平安の背番号1・小寺智也が得意とする自信満々のストレートを振り抜き、レフト越えの二塁打。その後、3点を先制。大杉の二塁打がなければ。3点はなかった。

 その後、先発の小山、2番手の日柴喜、3番手の高橋が粘り強く抑える。何度も走者を背負う苦しい場面の中、大杉が考えていたのは投手を信じることだけだった。「平安戦だけではなく、それまでの試合でも何度でもピンチを迎えながら、みんな粘ってくれて抑えてくれたので、自分は信じてリードをして、後ろにそらさないことを考えていました」と振り返った。

 足立監督は「彼は野球をよく知っている選手。ただ先を見すぎてプレーが軽率になることがありました。しかしこの春から、ピンチの場面で後ろにそらすことがなくなりました。それがあったからこそ投手陣は粘り強く投げることができて抑えることができたのでしょう」と大杉の守備の安定感をたたえた。

【次のページ】 粘り強さがある負けず嫌いになった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール


大杉渉太
大杉渉太(おおすぎ・しょうた)
  • ポジション:捕手
  • 身長:168センチ70キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
【関連記事】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第508回 高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」京都編【大会展望・総括コラム】
第21回 東山(京都)バスケット部「自分のポジションの適正にあったトレーニングを行おう」【後編】【他競技のスペシャリストから学ぼう】
第20回 東山(京都)バスケット部「全国屈指の強豪バスケ部から学ぶ体の切れを生み出すストレッチング」【前編】【他競技のスペシャリストから学ぼう】
第388回 東山高等学校(京都)「秋は強豪相手に7連勝!その強さを探る!」【野球部訪問】
報徳学園vs東山【2016年秋の大会 平成28年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
大杉 渉太(東山) 【選手名鑑】
東山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー