第701回 古賀悠斗(福岡大大濠ー中央大)前編「打撃では無欲、守備では貪欲に」2018年05月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]福岡大大濠の新入生メニュー『寝強化』と『立ち強化』
[2]高校通算52本塁打を生み出したスローボール打ち
[3]目指していたのは盗塁阻止率9割


 昨春の第89回選抜高校野球大会で母校・福岡大大濠高校を26年ぶりの甲子園出場に導き、ベスト8まで勝ち進んだ中央大学1年生の古賀 悠斗捕手。大学野球でも春季リーグから背番号をもらい、5月8日にはスタメンとして名を連ねた。早くも試合経験を重ねている古賀は、どんな高校野球生活を送って成長してきたのか振り返ってもらった。

福岡大大濠の新入生メニュー『寝強化』と『立ち強化』


古賀悠斗(中央大)

 中学時代はピッチャーだったものの高校では野手としての大成を期待され、内野手として高校1年生の春の大会からベンチ入りし、夏の大会はサードで出場。高校野球のレベルの高さを感じることはそれほどなかったと話す古賀だが、誰もがそれぞれに戸惑いや慣れるまでの時間を必要とするように、最初から野球に集中できたわけではなかったという。

 「監督の八木啓伸先生、部長の林佑樹先生に熱心に誘っていただき、大濠高校の伝統あるユニフォームに憧れていたこともあって進学を決めたのですが、練習の雰囲気も元気があって明るいですし、林先生もすごくコミュニケーションを取ってくれる。もちろん、わからないことも多かったですし、1個上で阪神に入られた濱地 真澄さんの投げる球を見て、すごいなと思った印象も残っていますが、野球自体で戸惑うことはなかったです。

 ただ、自分の場合、1番きつかったのは朝の通学でした。学校での朝練が7時半からなので6時15分の電車に乗らなければいけなかった。起きるのは5時半くらい。2か月くらいで自然と起きられるようになりましたが、そこまでは本当にきつかったですね」

 高校レベルのプレーができていた古賀はすぐに上級生に交じって練習に参加していたが、通常の1年生は基礎体力を上げるメニューから始める。
 「大濠高校には、腹筋と背筋を鍛える数種目が組み合わさった『寝強化』、スクワットなどの下半身を強くする種目がいくつか合わさった『立ち強化』という、雨の日の学校での練習のときなどにも行う2つのメニューがあるんです。寝補強は1セットで腹筋、背筋、それぞれ種目ごとの回数を足すと100回くらいあるもので、それを3セットとか。

 あとはポール間走、ベースランニングといった走り込み、朝は1周2キロの大濠公園を2、3周など、1年生は3か月くらい体力作りがメインになります。ボールはほとんど触らない。全体練習が終わった後の個人練習の時間にキャッチボールやトスバッティングをする程度でした」

 まずはしっかりと時間をかけて体を作るというのが大濠高校の方針のようだ。今、同じように体作りに励んでいる高校1年生も少なくないだろが、地道な取り組みの繰り返しこそ自分を成長させる手立てとして欠かせないことで、それは技術面においても同様である。古賀の高校時代の述懐は、そのことを再認識させてくれる。

 「フィジカル面ではウェイトトレーニングはよくやっていました。ただし、あくまでも無理のない範囲で、です。マックスのウェイトで上げたりすると、やっている感じは強くなりますけど、そうではなくてマックスの7、8割くらいのウェイトで、頑張りすぎない範疇で回数を多く行っていました。高校のときはそういうやり方がいいと思います。地味ですし、もっと重いのを上げたいなとストレスもたまるんですけど、そこは我慢が大事です」

【次のページ】  高校通算52本塁打を生み出したスローボール打ち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

古賀 悠斗
古賀 悠斗 (こが・ゆうと)
  • ポジション:捕手
  • 身長:174センチ76キロ
  • タイプ:右投右打
  • 福岡大大濠-中央大学
【関連記事】
第705回 古賀悠斗(福岡大大濠―中央大)後編「甲子園、侍ジャパンの経験は大きな財産となった」 【2018年インタビュー】
第36回 野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第13回 2017年の人気インタビュー記事BEST5!一流の高校球児たちの生の声をもう一度!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第23回 【動画インタビュー】三浦銀二(福岡大大濠・侍ジャパンU-18代表) 【Player’s Voice】
第21回 【動画インタビュー】丸山和郁(前橋育英・侍ジャパンU-18代表) 【Player’s Voice】
第568回 古賀悠斗(福岡大大濠) 「捕手転向1年で、誰もが信頼する捕手に」 【2017年インタビュー】
第512回 福岡大大濠 古賀悠斗選手「捕手経験ゼロの僕が成長できた理由」 【2017年インタビュー】
第463回 清宮に新たな刺客現る!ミスター完封・三浦銀二、クレバーな投球術で神宮4強入り 【2016年インタビュー】
第365回 福岡大学附属大濠高等学校 濱地 真澄投手「目指すは試合を支配する投球」 【2016年インタビュー】
古賀 悠斗(福岡大大濠) 【選手名鑑】
福岡大大濠 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー