第673回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を2018年04月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]理想の打撃フォームへ 試合前日に打撃フォーム変更
[2]投手の強い気持ちを引き出せる捕手になりたい

 今年の高校生屈指の大型捕手として期待される石橋 康太関東一)。高校1年夏に甲子園を経験した石橋は、あれから2年の時を経て、4番キャッチャーを任されるようになり、高校通算39本塁打とプロのスカウトも注目する存在へ成長した。そんな石橋はこれまでどんな思いを持って攻守に磨きをかけてきたのか。

(取材日 4月4日 都立日野戦 試合後の取材より)

理想の打撃フォームへ 試合前日に打撃フォーム変更


石橋康太(関東一)の打撃フォームの違い 左が2年秋 右が3年春

―― 都立日野戦では無安打に終わりました。打ち損じが多かったように見えましたが、振り返っていかがでしょうか。

石橋康太選手(以下 石橋) 確かに結果は出なかったんですけど、自分は1試合ごとに打撃フォーム、意識の持ち方を変えています。やはり試合をやっていく中で、いろいろなことに挑戦して、成長のきっかけを見出すことが春の大会だと思っています。無安打に終わりましたが、いろいろ試行錯誤しながらやったことは良い挑戦だったといえます。

―― 打撃フォームの変化について詳しくお話を聞きたいですが、スタンスを広げたオープンスタンスにして、グリップを少し下げた構えに変わっていましたが、あれはどんな意図で?

石橋 自分が打撃で考えていることは、打ちに行く瞬間にバットが頭の後ろにあることがベストだと考えています。ただ自分はそこにもっていくのが上手くないので、最初からグリップを下げて、頭の近くに置いたこの構えがベストの形にもっていきやすい形だと考えて、都立日野戦の前日にフォームを変更しました。

―― 大会中に変更するのはすごい挑戦だと思いますが、結構変えるほうなのでしょうか?

石橋 もちろん良いフォームでしたら変えることはないのですが、昨日までのフォームですと、結果が残せないと思いましたので、でしたら一から新しくやり直そうと思いました。

―― ここまでの話を聞くと石橋選手は「確実性」をテーマに打撃強化に取り組んでいるのですね。

石橋 「打ち損じ」というのは、秋から多かったので、秋の大会が終わってから「打ち損じ」を少なくするには、どうすればいいのか?を考えてやってきました。そして確実性を高める中で、スイングスピードを速くすることにも取り組んできました。

―― 春季大会前の練習試合の内容はいかがだったでしょうか。米澤貴光監督やチームメイトに話を聞くと、かなり打っていたと聞きます。

石橋 いえ全然です。相手チームの厳しい攻めにあって打撃が小さくなっていたので、そういう中でも自分のベストの形をキープして、一球一球に気持ちを込めることを課題にしてやってきました。

 しかし春の大会が始まってからも自分の打撃フォームが小さくなっていたので、繰り返しになりますが、この試合で新しいことに挑戦できたことは良かったと思っています。

【次のページ】 投手の強い気持ちを引き出せる捕手になりたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石橋 康太
石橋 康太(いしばし・こうた)
  • ポジション:捕手
  • 身長:180センチ85キロ
  • タイプ:右投右打
【関連記事】
関東一vs上野学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
関東一vs駒大高【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第59回 圧倒的私立校優勢の構図ながら、頑張る都立勢が刺激になり盛り上がる【東京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
関東一vs大森学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
早稲田実業vs関東一【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
関東一vs専修大附【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
第582回 石橋康太(関東一)「世代を代表する強肩強打の捕手へ まずは足元を大事に」 【2017年インタビュー】
第581回 秋の東京は一次から激戦!東海大菅生vs二松学舎大附など各ブロックで好カードが目白押し!【大会展望・総括コラム】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第555回 高橋晴(関東一)「エースとしての自覚、主将としての自覚」 【2017年インタビュー】
第325回 関東第一高等学校 オコエ瑠偉選手【後編】 「伝説を生んだ聖地を巣立ち、伝説の選手へ」 【2015年インタビュー】
第324回 関東第一高等学校 オコエ瑠偉選手【前編】 「規格外を開花させた きめ細かな感性」 【2015年インタビュー】
石橋 康太(関東一) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー