第671回 野村大樹(早稲田実業) 「ライバルによって掻き立てられた甲子園への想い」2018年04月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今春は本塁打よりもヒットを多く打つこと!
[2]大阪福島シニアの同期の活躍は大きな刺激となっている

 4月1日から開幕した春季東京都大会もベスト16が出揃った。その1校に入ったのが早稲田実業だ。今年も高校通算55本塁打の野村大樹主将が引っ張る打線は強力。今回は野村に話を聞き、昨秋から今春にかけての意識の変化、中学時代のライバルたちに対する想いを語ってくれた。(取材日 4月4日 都立日野戦 試合後の取材より)

今春は本塁打よりもヒットを多く打つこと!


野村大樹(早稲田実業)

――都大会初戦(4月4日)を終えての感想を聞かせてください。

野村 大樹選手(以下、野村) この試合を前に二けた得点を目指してやっていました。結果的に17対1で勝利できて、ほっとしています。

――昨秋の大会と今春の大会では気持ちの変化はありましたか?

野村 やっぱり秋は自分の結果を気にしすぎなところがあったんですけど、今ではチームのために動くことができています。

――昨秋の国士舘戦の負けをどう生かしましたか?

野村 やっぱり秋は打てないで負けてしまったので、冬場の合宿ではスイング数を去年の2倍にしたりと徹底的に振り込んできました。

――主将の目から見てどんなところが成長したと感じますか?

野村 まとまりが出てきました。去年までは打ってもバラバラでうまくつながらなかったのですが、この春の練習試合ではしっかりと「流れ」を作ることができたので、打線がつながり、どんな相手でも10点以上を奪って、勝つことができました。

―― 初戦の駿台学園戦では無安打に終わりましたが、振り返っていかがでしょうか。

野村 練習試合ではずっと打っていて、3月27日の練習試合で高校通算54号を打つぐらいよかったのですが、しばらく体調を崩しておりまして…。それでもアクシデントがあるわりには良かったかなと思っています。無安打でしたけれど、そんなに気にしていないですし、次は絶対打てると思っています。

―― ご自身の打撃面で変化したことを教えてください。

野村 やはりつなぐ意識が出てきたことです。今年のチームは清宮(幸太郎)さんのように本塁打を何度も打てる打者はいないですし、自分が意識することはミートして、1本でもヒットを多く打つこと。僕がつなぐ意識を持つことで、全員がその意識になると思っています。

―― 次の試合に向けての意気込みを教えてください。

野村 個人の結果はもちろんですけど、チームの勝利が一番なので、チームの勝利に貢献するために自分が打つこと。自分が打てばもっと点が入ると思うので、結果を出していきたいです。

【次のページ】 大阪福島シニアの同期の活躍は大きな刺激となっている<br />

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

野村大樹
野村 大樹(のむら・だいじゅ)
  • ポジション:捕手
  • 身長:172センチ82キロ
  • タイプ:右投右打
【関連記事】
早稲田実業vs関東一【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第683回 雪山幹太(早稲田実業)「135キロでも詰まらせるストレートへのこだわり」 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs工学院大附【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs駿台学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第14回 2017年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第619回 球児ベストナイン2017!高校野球ドットコム編集部が選定した9人は?【大会展望・総括コラム】
第139回 野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか??【ドラフト特集】
明秀学園日立vs慶應義塾【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
早稲田実業vs関東一【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
野村 大樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー