第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】2018年01月03日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]貴重な経験を積んだ1年秋
[2]2年春、箕島戦の本塁打を機に才能が開花!
[3]2年夏は人生で一番良い経験をさせてもらった


 センバツは第90回、夏の選手権は第100回大会を迎えるなど、高校野球にとって節目の2018年。加えて新3年生となる世代は2000年生まれが大半を占める、いわゆる「ミレニアム世代」。すべてにおいて記念すべき一年を飾るべく、全国各地で逸材たちが活躍の助走に入ろうとしている。
 そこで今回はそのトップレベルプレイヤーたちを徹底インタビュー。今回登場して戴くのは2017年夏・埼玉県勢初優勝を果たした花咲徳栄で中軸を張り、現在は主将・高校通算35本塁打スラッガー・外野手・最速146キロ右腕の四刀流を務める野村 佑希である。
過去・現在・未来をあますことなく語って頂いたロングインタビュー。まず前編では2年夏、甲子園でのブレイクにつながった1年冬の練習を中心に、甲子園の活躍までを振り返っていただきます。

貴重な経験を積んだ1年秋


インコース打ちについて解説する野村佑希(花咲徳栄)

――まず中学時代の野村選手について教えてください。
野村 佑希選手(以下、野村)「はい。僕は群馬県の太田市シニアに所属していて、全国大会での出場もなく、地区大会でも、2回戦ぐらいまでいけばいいところのチームで、部員も10人程度のチームでした。

――中学時代はどれくらいのサイズがあったのですか?
野村 中学3年から184センチ80キロありました。体も大きくて、あまり当たらなかったですけど...打てば打球は飛びましたし、投手としても135キロは投げることができました。

――そんな野村選手が花咲徳栄に進むきっかけを教えてください。
野村 花咲徳栄関係者の方が僕を見ていただいたことがきっかけです。そこで自分自身でも花咲徳栄のことを一度調べて、プロ野球に行く選手も多くいましたので、ここに決めました。

――実際、花咲徳栄に進んでみてどうでしたか?
野村 衝撃ばかりでしたね。自分は1年生からAチームの練習に混ぜてもらったのですが、2学年上には高橋 昂也さん(現:広島東洋カープ)がいましたし、1学年上には清水 達也さん(現:中日ドラゴンズ)と、プロ入りする先輩が投げる球は本当にすごくて、これが超高校級の投手なのかと驚きを隠せませんでした。

――ベンチ入りしたのは1年秋から。ファーストとして試合に出場していましたが、あの時はどんな思いでプレーしていましたか?
野村 あの時は実力でベンチ入りしたのではなく、監督さんが僕を経験させるために入れていたのが分かりました。あの時は全然打てなかったですね。

――関東大会に進むも慶應義塾に初戦敗退。140キロ台の速球を投げ込む森田 晃介投手の前に3打数無安打でした。
野村 逆にレベルの高い投手と対戦出来て、自分に何が足りないのかを自覚できてよかった大会だったと思います。

――ここから冬の練習に入りますが、どんなことを課題にして取り組みましたか?
野村 自分は内角打ちを苦手にしていましたので、バスターバッティングをやりました。これはチーム全体でやっているのですが、バスターをしながら、インコースも、アウトコースも逆方向へ打ち返す打撃を繰り返しやっていました。

【次のページ】 2年春、箕島戦の本塁打を機に才能が開花!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

野村 佑希
野村佑希(のむら・ゆうき)
  • ポジション:内野手・投手
  • 身長:185センチ92キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第154回 野村佑希、井上朋也の花咲徳栄の強打者コンビで思い出すあのコンビとは?【ドラフト特集】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第588回 比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」 【2017年インタビュー】
第587回 植田 拓(盛岡大附)「モリフメソッド+右手の押し込みで高校通算60本塁打超!」 【2017年インタビュー】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
清水 達也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
西川 愛也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー