第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】2018年01月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]センバツで考えている「2つの新球」
[2]春夏甲子園V・侍ジャパン・そして「ドラフト1位」へ

春夏甲子園V・侍ジャパン・そして「ドラフト1位」へ


馬淵 史郎監督が見守る中、ブルペンで立ち投げを行う市川 悠太(投手・2年)

――さきほど市川投手が言った通り、来るセンバツでは当然マークも厳しくなります。その中でまず、明徳義塾が目指すものとは?

明治神宮大会優勝はみんなも僕と同じく「満足してない優勝」だと思っていますし、優勝したからこそ、生活の部分も含めて当たり前のことを当たり前にやる空気が、厳しく言ってくれるキャプテンの庄野 太喜(2年・捕手)を中心にできている。そこはセンバツ、夏の甲子園優勝を目指し続けていきたいです。

――ちなみにセンバツ出場濃厚なチームで意識する選手はいますか?

市川:大阪桐蔭の藤原 恭大(2年・中堅手)や根尾 昂(2年・遊撃手兼投手)は意識しています。まだ練習試合でも対戦したことがないんですが、もしセンバツで対戦したら左打者の抑える方法を使っていきたいです。

――夏の甲子園も優勝を目指すことは前提として、その先に市川投手が目指すものは?

市川:侍ジャパンU-18代表入りとドラフト1位でのプロ入りです。
 小学校の時はさほど有名でなかった僕が中学校入学の時に立てた個人的な目標は「県選抜入りしたい」。そこは達成できたので、高校野球に入る前に掲げた目標もクリアしたい。
 今やっている練習も最終的には外国人選手を抑えるためにやっていることなので「1位」を目指します。

――では、最後に改めて2018年の意気込みをお願い致します。

市川:センバツは90回大会、選手権は100回大会。どちらも記念の大会なので、優勝を獲ります!

――今回は長い時間、ありがとうございました。

市川:ありがとうございました!

投球と同じく1つ1つの言葉に力を込め、心を込めて投げ返してくれた市川投手。この春、ベールを脱ぐ「新球」が、もし威力を発揮すれば、すべての目標は現実となるはず。生粋の「土佐のいごっそう」が奏でるウイニングロードに、これからも期待したい。

(文・寺下 友徳

注目記事
お正月特集 BIG5インタビュー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

市川 悠太
市川 悠太(いちかわ・ゆうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:184センチ75キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 生年月日:2001年3月29日生まれ
  • 高知県高知市
  • 潮江南スポーツ少年団(軟式・高知市立潮江南小)
    ~高知市立潮江中(軟式)
    ~明徳義塾高
    50メートル走6秒4・遠投100メートル
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第8回 高知東「第3の男」飛躍の予感【四国発】
第668回 出そろった100回大会・春の高知&徳島大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第652回 「100回大会四国勢逆襲の夜明け」 春の土佐路対決は見どころ一杯!【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs高知【高知県 2018年春の大会 平成30年度春季高知県大会】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
日本航空石川vs明徳義塾【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第614回 田中闘(明徳義塾)「恐怖の攻撃的2番打者。類まれなバットコントロールを生み出した練習法」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs中央学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
前橋育英vs明徳義塾【第99回全国高等学校野球選手権大会】
市川 悠太(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー