第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】2018年01月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]中学時代の悔しさが、高校での次なる目標へ
[2]報徳学園で学んだ「戦術的走攻守」

[3]「永田先生のために」勝ち進んだセンバツ


 センバツは第90回、夏の選手権は第100回大会を迎えるなど、高校野球にとって節目の2018年。加えて新3年生となる世代は2000年生まれが大半を占める、いわゆる「ミレニアム世代」。すべてにおいて記念すべき一年を飾るべく、全国各地で逸材たちが活躍の助走に入ろうとしている。
 そこで今回はそのトップレベルプレイヤーたちを徹底インタビュー。今回登場して戴くのは2016年・WBSC U-18ワールドカップでも躍動した報徳学園の遊撃手・小園 海斗である。
 50メートル走5秒8・遠投110メートル・高校通算27本塁打と走攻守に世代トップレベルの実力を持つ彼。では、そのベースにあるものとは?前編では野球を始めたころから、報徳学園だからこそ学んだこと。そしてベスト4に進んで2017年センバツについて語って頂きます。

小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】

中学時代の悔しさが、高校での次なる目標へ



小園海斗(報徳学園)

――まずは、野球を始めたきっかけから教えて頂けますか?
小園 海斗選手(以下、小園) 幼稚園年中の時に、祖父と一緒に阪神甲子園球場で「阪神vs巨人」の試合を観に行ったんです。そこで大きな甲子園の雰囲気を感じて「野球をしたいな」と思って。幼稚園年長の時に体験入部で硬式野球の宝塚リトルリーグに行かしてもらって、そのまま入団しました。

――最初はどのポジションでしたか?
小園 最初はセンターでした。実は当時は右打者だったんです。ただ、脚が速かったことから宝塚市立逆瀬台小小2年生の時、コーチに「左打ちに変えてみろ」と言われて、そこから右投左打になりました。宝塚市立光ケ丘中1年の時はリトルリーグの全国大会にも出させてもらいました。

――そこから大阪の名門・枚方ボーイズに進むわけですが、地元の兵庫県宝塚市から離れたチームをどうして選んだのですか?
小園 リトルリーグは中学1年の夏まであったので、その後に強いチームでプレーしたいと思った時に、枚方ボーイズの選択肢になりました。体験入部したらすごくいい選手も多かったので、その夜、当時の鍛冶舎さん(巧監督・前:秀岳館高監督)から電話を頂いた時に即決で入団を決めたんです。

――枚方ボーイズで学んだことはどんなことがありますか?
小園 すごくレベルの高い野球ができました。幸いにも僕は入団後すぐに遊撃手で試合も出させて頂きましたし、卒団までに4回も全国大会を経験できました。うち春と夏に一度ずつボーイズの全国大会で優勝できたことが大きかったです。
 そして枚方ボーイズのチームカラーはアグレッシブさ。チームの目標は「スピード&パワー」だったので、「圧倒的な力で勝つ」という自分のプレースタイルをここで確立できました。

――3年秋には侍ジャパンU-15代表にも選ばれて、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2015」にも参加しました。「日本代表」という肩書をを背負って、国際大会で得たものも大きかったと思います。
小園 当時の代表はジャイアンツカップ(全日本中学野球選手権大会)参加選手から選ばれたのですがすが、まさか大会1回戦負けだった僕が選ばれるとは思ってなかったんです。でも、いいメンバーで日本の代表ユニフォームを着て、日本とは違う球質の投球や打球を体感できたことはよかったです。
 その反面、全く打てなかった(大会4試合で13打数4安打3打点も最終戦のチャイニーズ・タイペイ戦は4打数無安打)悔しさがあったので、「高校の舞台でも侍ジャパンU-18代表に選ばれる」という目標もここでできました。

――ということは、侍ジャパンU-15での経験は小園選手にとっても大きなターニングポイントになったわけですね?
小園 そうなんです。技術的にもこの時に学んだことが、2017年の「WBSC U-18ワールドカップ」で活きました。
 U-15当時の自分は外角中心の投球を打てなかったので、U-18の時ははじめから外角へのボールに狙いを定めていました。それが金属バットから木製バットに変わっても対応できた(9試合で37打数14安打5打点2盗塁・打率.378)要因だと思っています。

【次のページ】 報徳学園で学んだ「戦術的走攻守」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小園海斗
小園海斗(こぞの かいと)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:178センチ76キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • ■選手名鑑
    小園 海斗
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第468回 報徳学園 (兵庫)「基本」土台に、試合と「直結」し「魂」を出し切る【野球部訪問】
第36回 野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第6回 報徳学園が記念大会連覇中の東兵庫!昨秋2強揃う西兵庫!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
明石商vs報徳学園【兵庫県 2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会】
報徳学園vs明石南【兵庫県 2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
第569回 小園海斗(報徳学園) 「世界が認める高打率のショートストップへ」 【2017年インタビュー】
第561回 前田 大輝(市立尼崎ー日本体育大学)「選手と同じ立ち位置で、みんなの先頭に立って進んでいく」 【2017年インタビュー】
報徳学園vs市立西宮【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
報徳学園vs龍野【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
報徳学園vs須磨翔風【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
第203回 【侍ジャパン18U代表】報徳学園高等学校 岸田 行倫選手 【2014年インタビュー】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
報徳学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー