第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」2018年02月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]豪打、快打を連発した夏の活躍を振り返る
[2]サードコンバートと新打撃フォームへの挑戦

サードコンバートと新打撃フォームへの挑戦



片山 昂星(東海大菅生)

 昨年、夏の甲子園では16打数8安打と絶好調だった片山だったが、準決勝で敗れた花咲徳栄戦では、フォームを崩し、秋の一次予選まで状態を取り戻すことができなかった。1回戦の二松学舎大附戦(試合レポート)では4打数0安打に終わった。

 2017年11月時点で、高校通算本塁打は21本。片山はさらなるレベルアップを目指し、現在は色々な形を試してバッティング練習に臨んでいる。

「足を高く上げたり、すり足にしたりと、いろいろな形を追求しています。いずれは打撃フォームを完成させて、本塁打を量産するだけではなく、ミスショットを減らし、どんな球でも対応できるようになりたいです」
 最後に片山が自信に持つ「スイングスピード」がどれほどのレベルなのか?可視化するべく、実際にスイングスピードを測ってみた。

片山選手がたたき出した脅威のスイングスピードに注目!


 スイングスピードの測定に使ったのは「スイングトレーサー」。まず一発目に143.5キロを出し、隣で見ていた遊撃手・田中 幹也は「必死の思いで自分は141キロを出したのに軽々と出している...」とため息。ここからの片山は凄かった。その後も、156.8キロ、158.7キロと脅威のスイングスピードをたたき出し、そしてラストの1球で、159.9キロをマーク。見ていた周りの部員は大歓声。片山は、インパクト時に、ヘッドスピードの速さで大きな力を与え、速い打球かつ、遠くへボールを運ぶことができる。

 また、スイング軌道を見ると、ヘッド角度が-28°、スイング軌道が13.1°とアッパー気味にとらえていて、ローリング回転も3.31回転/秒とバックスピンがかかりやすい打者であることがデータを見てわかる。

 片山に話を聞くと、「ボールに角度をつけたいためにアッパー気味でボールをとらえていますし、打球に角度をつけたい思いは強い」と話してくれた。あとは片山の課題である「ミスショット」が新フォーム変更によって大きく減らすことができれば、今年はもっと神宮球場を揺るがすスラッガーに成長してくれるはずだ。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

片山 昂星
片山 昂星(かたやま こうせい)
  • ポジション:一塁手
  • 身長:178センチ76キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • ■選手名鑑
    片山 昂星
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
東海大菅生vs錦城学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第627回 今年の東京一次予選は東海大菅生、東亜学園が登場!注目ブロック、見どころを解説!【大会展望・総括コラム】
第638回 田中幹也(東海大菅生)「美技の数々は積極的な姿勢と計算尽くされたポジショニングによって生まれた」 【2018年インタビュー】
第458回 東海大菅生(東京)実戦守備のノックで「心、技術、野球脳」の三拍子を鍛える【野球部訪問】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
第1回 東海大学菅生高等学校(東京)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
二松学舎大附vs東海大菅生【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第525回 ドラフト戦線に急浮上!東海大菅生の右腕・小玉佳吾に熱視線! 【2017年インタビュー】
片山 昂星(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー