第613回 宮﨑仁斗(大阪桐蔭)「大阪桐蔭の2番打者は小さくまとまらず全力で振り、全力で走る!」2017年11月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 2年連続の選抜優勝を目指す大阪桐蔭が、神宮大会初戦を迎えた。観衆が1万6000人の中、行われた一戦は、大阪桐蔭が4対2で勝利し、無事に初戦突破を決めた。今回は強打の2番打者・宮崎 仁斗にフォーカスしていく。

嫌な雰囲気を払拭する豪快な一発



宮﨑仁斗(大阪桐蔭)

 流れを変える一打だった。

 大阪桐蔭は3回裏に失策絡みで3点を先制。しかし駒大苫小牧は5回表、タイムリーとホームスチールで2点を返し、1点差に詰め寄られる嫌な展開。だが、その流れを変えたのが宮﨑仁斗だった。

「僕自身、いやな雰囲気だと実感していたので、しっかりと振り切ったスイングをしようと」

 心に決めて打席に立った5回裏。駒大苫小牧の先発・大西 海翔が投じた甘く入ったストレートを、宮﨑はしっかりと振り切る。

 打球は見事にレフトスタンドへ。これが高校通算6号本塁打となった。バントも、強打もできる攻撃的2番打者が最大限発揮された場面となった。

 今年の秋から2番打者を任されている宮﨑。もちろんつなぎ役として上位につなぐことを意識しているが、しかし走者がいなければ「僕が1番打者として打席に立っている」と意識している。

 選抜優勝メンバーだった宮崎。走攻守でどれに自信があるかといえば、「走塁」だという。50メートルは6秒前半で、6秒フラットたたき出すこともある。「藤原 恭大にはかないませんが、それでもチームで2、3番に入る自信はあります」と語る宮﨑。振り返れば、近畿大会ではフェンス直撃の二塁打を打ったり、隙あれば盗塁。そして得意のベースランニングで、得点に加点するなど、貴重な働きを見せてきた。ここまでの活躍は「前チームから経験させていただていることが生きていると思います」と謙虚に語る宮﨑。2番打者は小技が求められる役割だが、だからといって、小さくまとまるつもりはさらさらない。

「僕がうまくつなぐか。そして出塁できるか、できないか、だいぶ攻撃のリズムが変わってきますので、2番打者の重要性は理解しているつもりです」

 打撃ではいつでもしっかりと振り切る打撃で鋭い打球を。そして塁に出れば、先の塁を目指して、全速力で駆け抜け、チームに貢献する働きをする。それが大阪桐蔭の2番打者としての役割なのだ。

(文・河嶋 宗一

注目記事
第48回明治神宮野球大会 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

宮﨑仁斗
宮﨑 仁斗(みやざき じんと)
  • ポジション:左翼
  • 身長:170センチ68キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • ■選手名鑑
    宮﨑 仁斗
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第16回 2017年の人気記事ベスト5!面白く、タメになった記事は??【コラム編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第14回 2017年の人気動画ベスト5!みんなが気になる映像はどれ?【動画編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第140回 藤原恭大、小園海斗を中心に見逃せない枚方ボーイズ出身の逸材たち【ドラフト特集】
第139回 野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか??【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
第566回 藤原恭大(大阪桐蔭) 「新境地を拓いた左方向のバッティング」 【2017年インタビュー】
第565回 徳山壮磨(大阪桐蔭) 「選抜優勝投手を支える微調整術」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs八尾翠翔【大阪府 2017年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第493回 大阪桐蔭高等学校 根尾 昂選手「投手としてはチームに勢いを、打者としてはチャンスを作り、還せる選手になりたい」 【2017年インタビュー】
宮﨑 仁斗(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー