第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」2017年11月20日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]夏の甲子園6本塁打につながった「トップの位置」
[2]中村 奨成が自ら解説する「甲子園の6本塁打」
[3]大事なのは「カチカチバット」で得た感覚と「無」の境地

 10月26日(木)の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」において2球団競合の末、地元・広島東洋カープから1位指名を受けた中村 奨成広陵・捕手)。球界トップクラスの強く、正確な二塁送球に加え高校通算本塁打も45本。夏の甲子園では大会新記録となる6本塁打を記録し、高校球界を代表するスラッガーに名乗りを上げたことは記憶に新しい。

 では、中村選手はいかにして「ホームランを打てる」方法を身に付けたのか?今回はなんと、中村選手自身がはじめて甲子園6本塁打の振り返り、バッティングのポイントを解説!これから冬の練習に向かう球児の皆さんもぜひ参考にしてほしい。

夏の甲子園6本塁打につながった「トップの位置」

甲子園の6本塁打について振り返る広陵・中村 奨成捕手(広島東洋カープ1位指名)

 夏の甲子園で大会新記録となる6本塁打を放つなど、高校通算45本塁打までホームランを積み上げた中村 奨成捕手。ただ実は、広陵高校入学時は「ここまでホームランが打てるとは思わなかった」とまずは話す。実際、高校第1号が飛び出したのは1年秋の練習試合であった。

 ただ、「バッティングは好きだったし、前向きに取り組んでいた」ことで徐々に飛距離も伸びていった。その中で最初に心掛けたのは廿日市市立大野東中時代に所属した軟式野球チーム・大野シニア時代と同じく「前を大きく、フォロースルーを大きく」しながら「強く打球を叩いていく」こと。続いて手を付けたのは「ポイントとトップの位置」である。本人曰く「(廿日市市立大野東小時代に軟式野球チーム・大野友星で)野球を始めたときから実はグリップから上で変わっていないんですが、甲子園に来てからは巨人の坂本 勇人さんに似ているとよく言われるし、たまに映像で自分でみたりする」高いトップからのフルスイングも、ここから完成品まで創り上げた。

「トップの位置が決まっていれば、タイミングを外されてもバットに当てる確率が高くなる。だから、トップを作ることは常に心掛けています」と話す中村捕手。事実、甲子園の本塁打量産も「一番バットの出やすい角度から肘をもっていきやすい形でスイングができていました」と振り返ってくれた。

 では、「まとめて振り返るのは初めてです」という中村捕手自身から甲子園6本塁打を1本ずつ分析してもらうことにしよう。

【次のページ】 中村 奨成が自ら解説する「甲子園の6本塁打」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村 奨成
中村 奨成(なかむら しょうせい)
  • ポジション:捕手
  • 身長:181センチ78キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • ■選手名鑑
    中村 奨成
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第625回 吉田 正尚選手(オリックスバファローズ)後編「身体が小さくてもホームランは追求できる」 【2017年インタビュー】
第624回 吉田 正尚選手(オリックスバファローズ)前編「自分で見つけたスイングが一番強い」 【2017年インタビュー】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第14回 「プロの世界、誰が成功するかはわからない!」芸人・吉村卓也がドラフト会議2017を振り返る【お笑い芸人・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
第131回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」【ドラフト特集】
第128回 今年の高校生野手はビッグ4に注目だ!4人に続く好野手は?【ドラフト特集】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
第546回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・リード編」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー