第581回 勝又 温史(日大鶴ヶ丘)「2018年度東京都最速右腕現る!目標は打倒・早実」2017年09月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝又温史(日大鶴ヶ丘)

 日大鶴ヶ丘からドラフト候補が現れた。その名は勝又温史。現状では、2018年度東京都最速右腕といっていい投手だ。そんな勝又の歩み、取り組み。そして来年へ向けての意気込みを語ってもらった。

打席の気持ちの持ち方を変えたことが飛躍のきっかけに

 雨が降る中、早稲田実業vs日大鶴ヶ丘の一戦は満員となり、異様な雰囲気の中で行われた。この試合でマウンドに登った勝又は見るものを惹き付けるストレートを投げ込んだ。 真っ向から振り下ろすストレートは、常時130キロ後半~143キロで、145キロを2球計測。最速は夏前の練習試合で計測した147キロ。角度あるストレートの球威は実に素晴らしく、対戦した早稲田実業野村 大樹が「速いと聞いていましたけど、実際、打席に立ってみると、想像以上に速かったです。今まで対戦した投手の中でも一番速かったかもしれません...」と言わしめる勝又はどんな投手なのか。

 勝又は狛江ボーイズ出身。同期には日大豊山でエースとなった本格派右腕・名倉 侑田がいる。勝又が投手を始めたのは中学3年生と投手歴は浅い。しかし速球を投げる能力は日大鶴ヶ丘入学後からずば抜けていた。
「速い球を投げる才能に関しては1年生からすごかったと思います」と萩生田博美監督が語るように、将来性の高さが見込まれ、1年夏からベンチ入り。1学年上で、プロ志望届けを提出した赤星 優志の背中を追って、レベルアップをしてきた。
「赤星さんからはいつも助言をいただいていましたし、赤星さんの取り組み、そして投球は僕にとってお手本です」

そして赤星が背負ったエース番号を継いで臨んだ今大会。全国制覇を目標とする日大鶴ヶ丘のエースとして勝利を目指して臨んだ早稲田実業戦だったが、悔しいマウンドとなった。6回途中から登板した勝俣は自慢の速球で勝負。最速は145キロを計測し、詰めかけたNPBのスカウトも、スピードをはかる姿を見せるなど、ドラフト候補として刻まれた。しかし逆転打を許し、7回途中で降板。1.1回を投げて被安打3、四死球4、自責点6、1奪三振と結果を見れば悔しさが残る内容となった。

「エースとしてチームを勝たせるつもりで、変化球でストライクが取れず苦しい投球となってしまった。本当に申し訳ない」と肩を落とした。勝又の言葉通り、変化球はスライダー、カーブが中心だが、いずれも精度が低く、カウントが取れない。結果的に直球中心。しかし打ち込まれ、見極められ、常時140キロ台を計測していたストレートは135キロ前後まで落ちるなど、100か0の投球。時折、勝又はサイドスローで投げた。その理由について、萩生田監督が明かしてくれた。
「本当は決め球となるカットボール、フォークを練習させています。しかしまだ実戦で使える段階ではないので、何かカウントを取るためにサイドスローでも投げさせています」
これは秋限定の策だ。やはり好投手は一定のフォームで投げ続けることができる。それができるまでのサイドスロー。秋の地区予選が終わったので、じっくりとフォーム固め、変化球を磨く時間に割くことができるだろう。

「変化球も、直球のコントロールも成長すれば、オーバースローで固定になると思います」と萩生田監督が語れば、勝又も「自分のフォームで投げられるようにしたい」と変化球の精度向上を課題に挙げた。
同じ負けはしたくない。
「次の目標。やはり早稲田実業に負けないことです。もう一度、対戦することがああれば、絶対に勝ちたい」と闘志むき出しにした勝又。萩生田監督も期待は高い。

「投手歴は浅いですし、実戦経験も少ない投手なんです。完成度では赤星には及びません。ですが、投げるボールは赤星以上のものはありますし、これからが勝負の投手です」

 また勝又には1年の時間が残されているのだ。やり返すチャンスも、成長する時間も残っている。2014年以来の甲子園へ。猛者揃いの西東京の強豪を封じる絶対無敵のエースとなって見せる。

(文=河嶋 宗一

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

勝又温史
勝又温史(かつまた・あつし)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:180センチ76キロ
  • ■選手名鑑
    勝又温史
【関連記事】
早稲田実業vs日大鶴ヶ丘【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第581回 秋の東京は一次から激戦!東海大菅生vs二松学舎大附など各ブロックで好カードが目白押し!【大会展望・総括コラム】
第86回 日本大学鶴ヶ丘高等学校(東京)【僕らの熱い夏2017】
第19回 目指せ「東京制覇」!8人の大所帯で選手をサポート! 日本大学鶴ヶ丘高等学校【頑張る!マネージャー】
第35回 野球ノートに書いた甲子園4 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第286回 【東京本大会展望】各ブロックに強豪が集結!ブロック別で有力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第1回 第96回選手権西東京大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
第28回 立教大学 仁平昌人選手 【2009年インタビュー】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー