第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」2017年09月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 世界一への夢は潰えた。
現地時間9月9日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ8日目。カナダに敗れた侍ジャパンU-18代表は韓国と対戦。しかし4対6で敗れ、3位決定戦に回ることとなった。ここまで主将としてチームをひっぱってきた清宮 幸太郎。悔しさをこらえながらも明日へ向かう清宮をレポートしていく。

主将としてみんなに申し訳ない

清宮幸太郎(早稲田実業)

 なんとも耐え難い悔しさがあるだろう。2年前は1年生ながら世界大会を経験。4番を打ったが、準優勝。27打数6安打、打率.222。決勝戦では4打数1安打と大事なところで活躍をできず、涙をのんだ決勝戦。その2年後、清宮は最後の夏までに当時最多タイ記録となる高校通算107本塁打を放つまでのスラッガーへ成長し、誰もが認める確かな実績を残してきた。そして代表入りしてから清宮も、2年前の経験から、試合前への準備法、アップ方法などしっかりと力を発揮できるよう工夫を重ねてきた。

 今大会の第1号は南アフリカ戦。節目となる110号を放ち、清宮は「(感覚が)やっと、分かった!っていう感じはあります。これが自分らしさかなと。柔らかさのあるバッティング。上半身と下半身すべてにおいて、ゆったりと自分の形で打てるようになってきました。今のところ、良い感じです!」と笑顔を見せたが、そこからも調子が上がらず、カナダ戦でバックスクリーンへ特大弾を放ったものの、今大会は28打数6安打、2本塁打、6打点と決して満足いく成績ではなかった。

 清宮らしくないのは、三振が8個もあること。スーパーラウンドのオーストラリア戦では「くそボールを振ってしまい、いただけない打撃になってしまった。自分では理解しているつもりなんですけど...」とそうなってしまうのは、普段慣れない国際大会だからなのか、結果を出したい焦りから生まれるものなのか。

 それでも清宮は、前を向いて、チームの勝利のため、世界一のため、打席に向かった。ただ韓国戦は無安打に終わり、またしても世界一を逃してしまった。試合後、清宮は「チームメイトに本当に申し訳ないです」と肩を落とした。しかし清宮は日本代表の主将として、最初から最後まで厳しく、心強い主将であり続けた。

「カナダに遊びにきたわけではない」と、カナダ入り後、気のゆるみが見えたナインをまとめ、本番に臨ませ、ことあるごとに選手を集めてはナインに声をかけてきた。

 そして韓国戦の9回表、選手全員を集めて、「最後にしっかりと伝えようと思って、みんなそれぞれの仕事がありましたけど、投手が代わって、時間もあって。この3週間のすべてをぶつけて、悔いがない戦いをしようと伝えました」
逆転の夢は絶たれ、日本は3位決定戦へ回ることとなったが、真剣勝負はまだ1回ある。これが清宮にとっても高校生最後の試合となる。
「まだ明日がありますので、勝つことには越したことがないので、そこへ向けて切り替えてやりたいですね。悔いがないようプレーしたいです」
世界一はなくなったが、高校清宮はまだ終わりではない。ラスト1試合。今年の高校野球をリードしてきたプレーヤーとして、カナダの地で思う存分大暴れして、やり切ってほしい。

(取材/文・河嶋 宗一

注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

清宮幸太郎
清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)
  • ポジション:一塁手
  • タイプ:右投左打
  • ■選手名鑑
    清宮 幸太郎
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第11回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第10回 世界の高校球児にインタビュー!台湾編「来年のアジア選手権でもマークしたい郭天信選手」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第13回 U18を終えて 安田尚憲(履正社)「世界大会は自分を見つめ直し、成長させてくれた場所」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第102回 清宮幸太郎が歴史に残るスラッガーになるにはしっかりとした準備期間が必要だ【ドラフト特集】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
早稲田実業vs都立小平【東京都 2015年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs東農大一【東京都 2015年秋の大会 東京都大会 ブロック予選】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー