第571回 田浦文丸(秀岳館)「必然の活躍を生むチェンジアップと冷静なマウンド捌き」2017年09月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]各数値を示す田浦の無敵のリリーフぶり
[2]必然の活躍を生む冷静なマウンド捌き

 9月4日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ4日目。連日活躍を示しているのは田浦 文丸秀岳館)だ。オランダ戦で6回からリリーフで登場し、4回を投げて9奪三振の好リリーフを見せた田浦。活躍の秘訣を探った。

各数値を示す田浦の無敵のリリーフぶり

田浦文丸(秀岳館)

 野球界では制球力ある左腕は非常に評価が高くなる傾向にある。その制球力はストライクへ投げられる能力が高いということだが、高いレベルで活躍できるコントロールが良い投手というのは、ストレート、変化球で必ずストライクが取れるボールがあることだろう。

 田浦 文丸とは、まさにその条件を満たした左腕である。最速148キロをたたき出した左腕だが、ピッチングを見ると制球力重視。しかしもともと140キロ後半をたたき出す投手が制球力重視で140キロはかなり切れがある。

 さらにスライダー、カットボール、チェンジアップはストライクが取れる。ピッチングに余裕が感じられるのだ。

 今大会の田浦の活躍は非常に目覚ましい。まず今大会トップクラスの破壊力を誇るアメリカ打線相手に、2.1回を投げて5奪三振に抑える投球を見せると、次のキューバ戦では6回表、一死一、二塁の場面でマウンドへ登り、二者連続三振でピンチを切り抜け、2.2回を投げて5奪三振。

 そして6回裏からマウンドに登った田浦は快投を披露。今日は3連投だが、140キロ前後のストレートは相変わらず切れが良く、スライダー、チェンジアップも低めに決まり、打者の手元で曲がるので、オランダ打線が捉えきれない。9回裏には、この日、最速となる145キロのストレートを投げ込み、4回9奪三振の快投。ここまで奪三振ラッシュが続く田浦だが、通算成績に直すと以下の通りである。

 9回19奪三振、被安打率.067、K/BB 9.5、奪三振率19.00、防御率0.00

 無敵リリーフという格言がぴったりな成績である。今大会、猛威を奮っているスライダーとチェンジアップ。高確率でストライクが取れて、空振りを奪える精度をいかにして身に付けたのか。
「自分が身に付けたのは高校生の時からで、川端 健斗が投げているのを見て自分も投げたいと思って、川端から投げ方を聞いて、習得しました」
打者の手元でスクリューのような変化をするボールだが、握りはごく普通のOKボール。投げる時のポイントは?

「とにかく腕を振ること。ボールを追い抜くようなイメージで投げています。チェンジアップは自分の中で自信がある球種です」

【次のページ】 :必然の活躍を生む冷静なマウンド捌き

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

田浦文丸(秀岳館)
田浦文丸(たうら・ふみまる)
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • ■選手名鑑
    田浦 文丸
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第78回 秀岳館(熊本)編「4季連続甲子園出場達成!急成長を遂げた秀岳館のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
秀岳館 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー