第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離!2017年07月31日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

片山昂星(東海大菅生)

 7月30日、東海大菅生、17年ぶり3回目の甲子園出場を決めた。注目なのが2年生ながら4番に座る片山 昂星だ。決勝戦でも3安打の活躍。優勝に貢献した片山は、チームメイト曰くもっと活躍できる凄いポテンシャルを秘めた選手だという。

本塁打の飛距離はあの勝俣翔貴選手より上!

 6月下旬、東海大菅生の主将・小玉 佳吾取材した時、小玉について詳しく知るために、チームメイトから話を聞いていると、3年生マネージャー・鈴木雅也が片山について教えてくれた。

「僕は記録員として公式戦・練習試合の成績をまとめているのですが、本塁打数が一番多いのは、片山です」
そして一言、こう付け加えて教えてくれた。
「正直にいうとヤバい奴です。見れば分かります」と薦める鈴木。他の選手たちにも聞くと、「あいつはやばいっすよ!まじで飛ばしますから!」というので、実際に打撃練習を見ると、確かに凄い選手だった。詰まることを恐れず、豪快なフォロースルーで打球を飛ばしていく姿はスラッガーだった。その後、若林弘泰監督に、片山について聞くと、「今日取材した小玉より凄い選手。もっと知られてほしい選手です」と絶賛する。

 そんな片山の経歴を振り返ると、小学校時代、羽二生 和樹)や稲玉零(横浜創学館)らと横浜DeNAベイスターズジュニアに選出され、2012年のNPBジュニアトーナメントに出場した。横浜緑リトルシニアに在籍し、東海大菅生に入学した。片山が台頭するのは2年春からになるが、台頭のきっかけは冬場のトレーニングにあった。東海大菅生はこの時期に徹底としたトレーニングを行う。走り込み、ウエイトトレーニング、体幹トレーニング。片山は「この冬場のトレーニングが非常に大きかったです」と語るように、片山の潜在能力が開花。春先からホームランを連発。1年生まで本塁打は2本だったが、春から取材日時点で、16本もうち、高校通算18本塁打を記録。一気に16本を打ったのだ。春から16本は記録を取っている鈴木曰くトップの数字である。片山は豪快なフォロースルーを見せる選手だが、体幹の強化がよりボールに力を伝えることができて、遠くへ飛ばすことができるようになったのだろう。

 片山は本塁打1本1本の飛距離が半端なく、2年前のスラッガー・勝俣 翔貴よりも上だという。特に凄かったのが、3月、日立製作所のグラウンド(日立製作所会瀬球場)で行われた練習試合。片山は両翼100メートルもあるこのグラウンドで、フェンスを軽々超えるどころか、ライトの防球ネットさえも超え、ライト奥にある民家まで飛ばす大ホームランを放った。この本塁打について片山は、「あれは今でも印象に残っています」と笑顔で振り返ってくれた。

 片山の成長にナインも認める。主将・小玉 佳吾も「悔しいけど、片山は凄いです。本塁打を打った時の飛距離は半端ないですが、追い込まれても、あれだけ振ってもコンタクト能力が高いことなんです」とただ飛ばす選手だけではないことを明かしてくれた。

 夏前、片山は「4番を打たせていただくと思うので試合を決める一打、勝負強い打撃を見せていきたい」と語ったように、勝負強い活躍を見せてくれた。7月15日の桐朋戦で決勝の犠飛、準決勝の日大二戦では、7回裏、右腕・小貫泰一が投じたストレートを右中間深部へ打ち込む本塁打。これが片山にとって公式戦第1号となった。そして決勝戦では4打数3安打3打点と優勝の原動力となった。

 将来の目標はプロ野球選手。現在はファーストだが、いずれは中学時代に守っていたセカンドを守れるようになりたいという。

 8月7日開幕を迎える甲子園。チームメイト、スタッフが認める片山昂星の打撃に注目だ。

(文=河嶋 宗一

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

まさき ともや
片山昂星(かたやま・こうせい)
  • ポジション:一塁手
  • タイプ:右投左打
  • 生年月日:2000年7月11日
  • 身長体重:178センチ76キロ
  • ■選手名鑑
    片山 昂星
【関連記事】
第10回 伝統となっている一大イベントで結束する東海大菅生!目指すは2年連続の聖地!【100回記念大会特集】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第718回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
東海大菅生vs錦城学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第627回 今年の東京一次予選は東海大菅生、東亜学園が登場!注目ブロック、見どころを解説!【大会展望・総括コラム】
第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」 【2018年インタビュー】
第638回 田中幹也(東海大菅生)「美技の数々は積極的な姿勢と計算尽くされたポジショニングによって生まれた」 【2018年インタビュー】
第458回 東海大菅生(東京)実戦守備のノックで「心、技術、野球脳」の三拍子を鍛える【野球部訪問】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
二松学舎大附vs東海大菅生【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
片山 昂星(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー