第524回 専修大学 髙橋 礼選手「アンダーハンドの利点」【前編】2017年04月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]上手投げに行き詰まり中2の冬にアンダーに
[2]下手投げのお手本は埼玉西武の牧田投手
[3]アンダースロー投手には常にアンテナを張る

 188cmの長身を沈め、アンダーハンドから最速141kmのストレートを繰り出す専修大の高橋 礼投手。大学球界を代表するサブマリンは、プロのスカウトからも熱い視線を集めている。

 東都リーグ最多を更新する33度目の優勝に向かって右腕を撫す高橋投手に、下手投げに転向した経緯やフォーム作りで重視しているポイント、さらには下手投げだからこそ大事にしていることなどをお聞きしました。

上手投げに行き詰まり中2の冬にアンダーに

高橋礼投手(専修大)

 ほとんどのアンダーハンド投手がはじめから下手投げでなかったように、専修大の高橋 礼投手ももとは上手投げだった。アンダーハンドに転向したのは中学2年の冬。当時、高橋投手は硬式の流山ボーイズでプレーをしていた。転向のいきさつについて高橋投手はこう教えてくれた。

「ちょうど投手として悩んでいた時期でして。その頃で背は175cmあったんですが、上から思い切り投げても打ちごろのスピードしか出なかったんです。そんな僕に助言をしてくれたのが、早稲田大野球部に籍を置きながらコーチをしていた新佐古剛人さんでした。『腕を下げてみたらどうか?』と。はじめはアンダー気味のサイドでしたが、投げているうちに完全なアンダーになったんです」

 高橋投手はアンダーハンドにすぐに馴染んだ。転向の苦労はなかったという。「僕に合っていたのだと思います。腕を下げて投げてみて、もし合わなかったら、違和感を覚えたら、たぶんそこで投手をやめていたでしょう」と高橋投手。投手をやめていたら、今年のドラフト候補でもある188cmの長身サブマリンは存在しなかった。アンダーハンドに転向したことで、高橋の野球人生が大きく変わったのだ。

「もし上手のままでいたら、ただ背が高い本格派というだけで、特徴がある投手にはなっていなかったと思います」

 アンダーハンダーとしてのデビューは中学3年の春。試合で登板した高橋投手は「打者が下手からボールが来るのを嫌がっているように感じた」という。手応えもあった。「上から投げていた時よりもボールがいくようになりましたね」。

 もともと器用なタイプ。下手に転向後、ほどなく変化球もマスターし、対外試合で披露した時は、緩急を使えるようにもなっていた。高橋投手は「真直ぐを投げるように変化球を投げる。これが僕の中でのアンダーハンドで変化球を投げる時のコツです」と話す。

【次のページ】 下手投げのお手本は埼玉西武の牧田投手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

高橋 礼
高橋 礼(たかはし・れい)
  • 専修大学
  • 経歴:専大松戸-専修大
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:188センチ80キロ
  • 生年月日:1995年11月2日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第155回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.1 「柴田颯、今里凌、小幡竜平」【ドラフト特集】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
第528回 専修大学 高橋 礼選手「アンダーハンドでも140キロ超えができたワケ」【後編】 【2017年インタビュー】
第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編 【2016年インタビュー】
第455回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「野手ではなく、投手としてプロ注目だった高校時代」・前編 【2016年インタビュー】
第398回 専修大学松戸高等学校 丸茂 弘汰選手「今度は自分がQVCマリンを熱くさせる!」 【2016年インタビュー】
高橋 礼(専大松戸) 【選手名鑑】
専大松戸 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー