第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】2017年04月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]無意識下でこそ体現出来る世界がある
[2]メンタルとコントロールの深い関係性
[3]高校球児へのメッセージ

 後編では東浜 巨投手に引き続き、コントロールを良くするための極意を伺った。テクニカル、メンタル、トレーニング面においてさまざまなアドバイスをいただいた。
前編インタビュー「制球力を高めるにはイメージできることが大事」

無意識下でこそ体現出来る世界がある

東浜 巨投手(福岡ソフトバンクホークス)

――テークバックの際に、ヒジが高く上がるフォームが印象的ですが、ヒジの高さは意識しているのですか?

東浜:あれは完全に無意識です。横を向いてる時間を長くしよう、ギリギリまで横を向いてようという意識を持つ中で、気づいたらああいうふうにヒジが上がっていたという感覚です。

――無意識だからこそ生じる動作も多々ありそうですね。

東浜:ありますね。ピッチングを難しく考えてしまうとうまくいかないので、極力シンプルに、単純に考えることが大事だと思っています。自分の場合は、狙うところを決めたら、足を上げてまっすぐ立ち、両足の内側をしめるイメージで前に出て行き、着地したあとはグラブ側の手を止めて、あとは体をターンする、というイメージ。試合になるとさらにイメージはシンプルになり、足を上げて一本足で立った後は極力意識を入れないようにしています。

――「ボールを持った利き腕は振るものではなく、勝手に振られる感覚が理想」と言われることがありますが、東浜さんの利き腕に対する意識はどのようなものですか?

東浜:腕を振るという意識はないですね。腕でなにかをしようという意識があると、そのことが力みにつながり、スムースな体の回転と腕の振りを邪魔してしまう。腕に対する意識は「力を抜く」くらいです。

――体が回転した結果、利き腕が自動的に振られる感覚がやはり理想ですか?

東浜:理想でしょうね。その感覚で投げられればボールのキレもコントロールもよくなると思いますから。でも実際はプロでもその域に達している人はそんなに多くないと思います。

――そういうものですか。東浜さんからみて、理想の腕の振りを体現している投手は誰ですか?

東浜:楽天の則本昂大じゃないですか?体の使い方が抜群で、いつも「いいフォームだなぁ」と思いながら見ています。あれぞ腕が自動的に振られている状態。故障もしにくいと思います。

【次のページ】 メンタルとコントロールの深い関係性

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

東浜巨
東浜巨(ひがしはま・なお)
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 経歴:沖縄尚学-亜細亜大-福岡ソフトバンクホークス
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:182センチ75キロ
  • 生年月日:1990年6月20日
  • 選手名鑑:東浜 巨
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】
第490回 【沖縄展望】いよいよ来週開幕!群雄割拠の沖縄を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第39回 興南と沖縄尚学の完全2強だが、中部商や美里工も台頭(沖縄)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第293回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【後編】「量をやりながら、質も求める」 【2015年インタビュー】
第292回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【前編】「『首位打者・最高出塁率』を目指す『深み』の深層」 【2015年インタビュー】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
東浜 巨(沖縄尚学) 【選手名鑑】
沖縄尚学 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー