第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」2017年04月06日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]二季連続初戦敗退が選手たちの心に火をつけた
[2]私生活まで勝つ準備を徹底したことが優勝につながった
[3]「日大三の選手の体の大きさにびっくり!」

 2010年に甲子園春夏連覇を達成した興南の不動の1番バッターとしてチームを牽引した国吉 大陸氏。強豪校を次々と撃破して紫紺の優勝旗を手にした選抜は、全試合でヒットを放っての打率3割6分という好成績だけでなく、要所でチームに勢いを与える活躍した。前年も春夏連続出場を果たしたが、ともにノーヒットで初戦敗退。その悔しさが大きなバネになったと振り返る。

【動画】国吉大陸さんが振り返る3年春・夏の甲子園エピソード


【次のページではインタビュー記事をすべて紹介!】

【次のページ】 二季連続初戦敗退が選手たちの心に火をつけた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

国吉大陸
国吉大陸(くによし・たいりく)
  • ポジション:二塁手
  • タイプ:右投右打
  • 経歴:興南-明治大学
  • 興南3年時、春・夏の甲子園で連覇を達成!不動の1番バッターとしてチームを牽引
【関連記事】
第122回 今夏の甲子園大会で影響を受けたことは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第579回 打線は沈黙、エースは炎上…。惨敗の春から生まれ変わった二松学舎大附の夏【大会展望・総括コラム】
第578回 日大三、早実を撃破した西東京王者。甲子園4強の東海大菅生には「個の力」があった【大会展望・総括コラム】
第577回 本塁打記録更新、140キロ台投手連発、ランニングスロー連発!高レベル化した現代の高校野球【大会展望・総括コラム】
第11回 日本一への道半ば、勇退の名将たちの「最後の表情」【夏の大会特集2017】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」 【2015年インタビュー】
第135回 県立岐阜商業高等学校 藤田 凌司選手 【2013年インタビュー】
第134回 仙台育英学園高等学校 上林 誠知 選手 「神様からプレゼントをもらう準備」 【2013年インタビュー】
第133回 中央大学 島袋 洋奨 選手(興南高出身) 【2013年インタビュー】
日米親善高校野球 全日本選抜メンバー紹介【捕手・内野手編】【2010年秋の大会 日米親善高校野球大会】
興南(沖縄)vs鳴門(徳島)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
興南(九州)vs日大三(東京)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
国吉 大陸(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー