第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」2017年03月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]進化をもたらした1年冬のトレーニング
[2]140キロ後半の速球を投げられた時の感覚は今までと全く違う
[3]強打者と対戦することは心待ちにしていた

140キロ後半の速球を投げられた時の感覚は今までと全く違う

山口 翔選手(熊本工)

 夏の大会が終わると、山口は灼熱の太陽の下で、冬の練習と同じようなトレーニングを続けた。走り込み、筋力トレーニング、体幹トレーニング。そして、投球練習の頻度も増やし、多い時は1日200球投げることもあった。
「トレーニング、投球練習ともに、充実とした練習ができました」この取り組みが実を結び、秋季県大会文徳戦で、最速149キロを計測。

 その後の試合でも、140キロ後半の速球を投げ込み続けた。球速アップの要因はフォームが確立したことだ。特に気をつけているのは体重移動だという。
「僕は体重移動を大事にしていて、左足を上げた時、体重移動を始めるまで、右の股関節に力を溜めます。そこから踏み出して、投げる瞬間、その溜めた力を左の股関節にもっていく。股関節の回旋運動がしっかり出来るようになったこと。またこれまで股関節や体幹を鍛えるメニューを行ったことで、力強い踏み出しができるようになりました」

 さらに、リリースも良くなった。ボールに指がかかった時は、周囲から「リリースした時の音が聞こえる」と言われるまでになった。
「140キロ前半の速球しか投げられなかった時と、140キロ後半の速球を投げられた時の手ごたえは全く違います。左足を踏み出した時の体重のかかり具合、リリースした時の指のかかり具合、フォームの全体的な安定性。自分の中で、速いストレートを投げられるフォームの感覚が少しずつ分かってきたんです」

 自分の動きを理解して、山口は微調整する術も習得した。県大会を勝ち抜いて、臨んだ九州大会
 山口自身、調子が上がらない中での投球で、初戦の美来工科戦では、延長13回を投げ抜いたが、11安打、5失点。準々決勝佐賀商戦では、10四死球。それでも2失点完投。当時の苦しい投球をこう振り返る。

「自分のフォームで投げられない苦しさはありましたが、それでも、リズムを変えたり、配球を変えたりしながら粘り強く勝てたことは自信になりました」
 そして、準決勝東海大福岡戦では、試合には敗れたが、2失点、無四球、8奪三振とそれまでの2試合とは別人の投球をみせる。

「この試合では自分のフォームで投げることができて、完全に復調しました」と笑顔を見せる山口。エースとして粘り強いピッチングで九州大会ベスト4。10年ぶりの選抜出場へチームを導いた。

【次のページ】 強打者と対戦することは心待ちにしていた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山口翔
山口 翔(やまぐち・しょう)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ75キロ
  • ■選手名鑑
    山口 翔
【関連記事】
第604回 【近畿大会準々決勝展望】選抜を大きく前進する4チームはどこだ!?見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第78回 秀岳館(熊本)編「4季連続甲子園出場達成!急成長を遂げた秀岳館のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第10回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第571回 田浦文丸(秀岳館)「必然の活躍を生むチェンジアップと冷静なマウンド捌き」 【2017年インタビュー】
第567回 川端健斗(秀岳館) 「15奪三振の快投を生んだ緻密なコンビネーションと強靭なメンタル」 【2017年インタビュー】
第557回 田浦 文丸(秀岳館)「投手があるから打撃も生きる!」 【2017年インタビュー】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
第427回 秀岳館高等学校  松尾大河選手 「この大会は人生をかけた大会」 【2016年インタビュー】
山口 翔(熊本工) 【選手名鑑】
熊本工 【高校別データ】
熊本工大 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー