第505回 桜美林大学 大平 達樹選手「打者の動きを見てのリードを心がけよう」【前編】2017年03月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大学2年生までは一般就職するつもりだった
[2]インコースを使う重要性

 桜美林大学入学から2年間は控え捕手に甘んじながら、昨春のリーグ戦途中から正捕手の座をつかみ、秋は打率3割3分3厘、2本塁打、9打点で同大学の初優勝に貢献し、ベストナインも獲得。さらに明治神宮大会でも2試合連続で本塁打を放って準優勝。一躍プロ注目の存在となった大平 達樹捕手。8月のユニバーシアード大学日本代表の一次登録選手にも名前を連ねる大平捕手が成長の筋道を振り返る。

大学2年生までは一般就職するつもりだった

大平 達樹選手(桜美林大学)

 捕手・大平の前には最初から大きな壁が立ちはだかっていた。桜美林高校3年生の夏の大会は初戦敗退の悔しさを味わったが、大学でも野球を続けたいという思いを強く持っていた大平捕手は、当時、首都大学リーグで1部に手がかかるところまできていた付属の桜美林大学に進学することを決め、敗戦後も練習を続け、意気揚々と大学野球に足を踏み入れた。だが、隣には強豪・日大三で甲子園にも出場していた同級生の湯本 祐基捕手がいた。

「誰が入ってくるとかはまったく考えていなかったです。湯本の存在は高校のときからもちろん知っていましたから正直、きついなと感じていました。実際、湯本はすぐに主力キャッチャーとなって、僕はAチームには入れてもらっていましたけど、なかなか公式戦には出られない。今は頑張ってプロに入りたいと考えられるようになりましたけど、2年生までは一般就職するつもりでいました」

 2年生の秋のリーグ戦が終わると本気でポジションを変えることも考えた。しかし、そこからの2年間で別のポジションがどこまでうまくなるかは疑問だと感じたし、なによりキャッチャーへの愛着があった。はじめは決して乗り気ではなかったものの、肩の強さを見込まれて中学2年生の冬から本格的にキャッチャーを始め、高校で工藤 真彦監督にキャッチャーのいろはを学び、勝つことの喜びを知るにつれて扇の要が自分の居場所だと思うようになっていた。

「責任の大きなポジションだけに負けると悔しいですけど、勝ったときの喜びも大きくて、やっぱり楽しいです。高校で初めて公式戦でマスクをかぶったのは1年の秋なんですけど、その試合で勝ったときの嬉しさは今も覚えています。やっぱり、やりがいがあります」

 高校時代、まず取り組みに力を入れたのがショートストップ。
「ショートストップは恐怖心があるとうまくならないと聞いていたので、最初は1メートルもないくらいの距離から、ショートバウンドを投げてもらう。それをしっかりとした捕球態勢を作って前に落とす。それを段々と距離を離していって、球も速い球にしていく。それはみっちりやりました」

【次のページ】 インコースを使う重要性

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大平 達樹
大平 達樹(おおひら・たつき)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:176センチ79キロ
  • 出身校:桜美林
【関連記事】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
第556回 空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」【西東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
第499回 【西東京展望】日大三、早稲田実ブロックに入った有力校は?シードを脅かすノーシードの実力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第507回 桜美林大学 大平 達樹選手「教えた方々のアドバイスを無駄にしなかった」【後編】 【2017年インタビュー】
第451回 佐々木 千隼(都日野-桜美林)「意識改革でドラフト1位投手へ成長!」 【2016年インタビュー】
第431回 【秋季東京都大会展望】 強豪校同士が序盤で激突!早稲田実業の初戦は日本学園!【大会展望・総括コラム】
第413回 いよいよ秋到来!国士舘vs國學院久我山など東京都一次予選から見逃せない好カードは?【大会展望・総括コラム】
桜美林 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー