第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」2017年02月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ただ漠然と練習をしていた高校時代
[2]最後の夏が終わって真剣に野球に向き合うようになった
[3]体が大事だからこそ、毎日、頭の中で何をするべきか整理する

体が大事だからこそ、毎日、頭の中で何をするべきか整理する

青木 宣親選手(ヒューストン・アストロズ)

 1年の冬には肩を痛めて半年間球を投げられなくなり、みずからの体に対する意識の低さを後悔したが、すぐに前を向けたのも強い信念があったからこそだった。
「手術をしなければいけないかもしれないと言われて、自分はなにをやっているんだと思いましたけど、そこで体のケアが大事なんだなと。体のことをもっと見つめ直さなければダメなんだって。そこから、いろいろなことを自分でアンテナを張って勉強するようになりました」

 意外に思うかもしれないが、プロ入り前の青木は失敗を糧に自分を変えてきたのだ。
「失敗しなければ自分のことはわからない。僕はそう思います」

 努力が実を結ぶのは3年になってから。春はベストナインに選ばれ、秋は首位打者も獲得した。39打数17安打、打率.436。プロが視界に入ってきた。だが、浮つくことはなかった。
「六大学で首位打者を獲れたので、これで可能性が出てきたのかなとは思いました。でも、気持ちはなにも変わりませんでした。大学に入ったときと一緒で、毎日100パーセントやり切って終える。それだけでした。他の選手よりも高い意識を持ってやっていたという自負はあります」

 ヤクルトに入り、プロ意識の芽生えがさらに青木を上へと押し上げた。

「プロはまずは結果を残さないといけない。結果を出さなければ評価してもらえない。だから、バッティングにしても盗塁にしても、それまで以上に、どこを意識して練習するのか、トレーニングするのかを大事にするようになりましたね。大切なのは自分の感覚と実際の動きをいかに一致させるか。結局、大事なのは体なんです。相手がどんなピッチャーでも、バットを操って打つのは自分の体なわけですから。その体のメカニズムをしっかり覚えるとか、なぜ打てたのか、打てなかったのかを毎日、頭で整理しています」

 イメージ通りの動きを実現するために、道具にも強いこだわりを見せる。特に走、攻、守すべてに関わるスパイクは「安定性」を求めて、2016年から他社と比べて刃が外側についていて横ブレしにくいニューバランスのものを使うようになった。
「他社のものと比べると、誰でもわかるくらいの安定感があります。日本で販売されているスパイクは軽量化が進んでいる気がしますが、それはそれでいいとは思いますが、それによって安定感が失われがちだと感じるんです。ニューバランスは着地した時のフィット感とかも全然、違う。最大限、パワーとスピードを生かせている実感がありますね」

 最後に高校生へのアドバイスを聞いた。
「高校生はまずは楽しくやればいいと思うんです。うまくなるためにストイックにやろうと思って頑張ることもいいですけど、みんながそうでなくてはいけないわけでもない。野球を楽しんでやる中で自分に必要なもの、そのときやるべきことを見つけていくという考えでいいと思います。やっぱり野球は楽しいものですし、楽しんでほしいです」

(インタビュー・文/鷲崎 文彦

注目記事
【1月特集】「2017年は僕らの年に!」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

青木 宣親
青木 宣親(あおき・のりちか)
  • ヒューストン・アストロズ
  • 経歴:日向-早稲田大-ヤクルトスワローズ、東京ヤクルトスワローズ-ミルウォーキー・ブルワーズ-カンザスシティ・ロイヤルズ-サンフランシスコ・ジャイアンツ-シアトル・マリナーズ-ヒューストン・アストロズ
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長体重:175センチ83キロ
  • 生年月日:1982年1月5日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第82回 寺島 成輝(東京ヤクルト)「『履正社出身』を胸に」【ドラフト特集】
第76回 廣岡 大志(智辯学園ー東京ヤクルトスワローズ)「セ・リーグではピカイチの有望株!廣岡が目指すスラッガー像とは?」【ドラフト特集】
第25回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「高校時代からは想像もつかなかった選手に成長した」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第24回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「印象は『普通の高校生』『継続する大切さ』を教わる」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第11回 県立日向高等学校(宮崎)【冬が僕らを強くする2017】
第395回 早稲田大学 加藤 雅樹選手「辛い時は野球を始めた時のことを思い出してやってきた」 【2016年インタビュー】
第368回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【後編】「試合で力を発揮するためのコンディショニング作り」 【2016年インタビュー】
第367回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【前編】「長丁場のペナントレースでも力を発揮し続けるには」 【2016年インタビュー】
第303回 宮本 慎也氏【後編】「上手くなるには誰にでもできることの積み重ねしかない」 【2015年インタビュー】
第302回 宮本 慎也氏【前編】「走る意欲は大きなアドバンテージになる」 【2015年インタビュー】
館山昌平、復活への道
日向 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー