第482回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「静岡の3年間、そして甲子園5試合の経験はかけがえのない財産」【後編】2016年12月31日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]母校・静岡高は自分の人生を変えてくれたところ
[2]ベンチ入りした試合で普段の力を出す難しさを感じる

 憧れていた静岡高校に入学したのち、東海地区を代表する強打者へ成長した安本 竜二選手。後編では、高校3年間で得たもの。また3年の春・夏の甲子園での振り返り。さらに、法政大に入学後の課題。今後へ向けての意気込みを語っていただきました。

母校・静岡高は自分の人生を変えてくれたところ

安本 竜二選手(法政大学)

 安本は高校時代、計3度、甲子園の土を踏んだ。負けた3試合ではいずれも悔しさを味わったが、特に優勝候補の一角と目されていた3年春1926年以来の優勝に挑んだ3年夏は「チームとしてもっとやれたのでは…という悔いが強く残った」という。

「僕らの代は旧チームのレギュラーが6人も残っていて、甲子園でも優勝を狙えるチームだったと思います。センバツでベスト8になったことで、静岡高2度目の夏制覇が見えてきたものの、そのセンバツでは僕をはじめ、クリーンナップが機能しなかった。準々決勝は(3番・内山 竣(当時3年、現明治大)、4番・堀内 謙伍(当時3年、現東北楽天)、5番・安本の3人合わせて、安打は1本だけ。僕ら中軸がもっと打っていれば、優勝した敦賀気比平沼 翔太投手(当時3年、現北海道日本ハム関連記事)を攻略できたと思います。

 最後の夏は(強力打線と言われていた)打線は、東海大甲府との1回戦で計11安打とよく打ったんですが、結果として7対8で敗れました」 
それでも「甲子園で5試合できたのは、僕にとってかけがいのない財産になっているのは間違いありません」と話す。

 栗林監督からは“野球以外の部分”も教わった。野球選手である前に、人としてしっかりした人物であれ、と。気配り、心配りの大切さも学んだという。静岡高での3年間もまた、安本にとって珠玉の財産になっている。
静岡高野球部は僕の人生を変えてくれたところです。入った時はプロなんてはるか遠い世界で、東京六大学でプレーできるなんて、想像すらできませんでした」

ベンチ入りした試合で普段の力を出す難しさを感じる

 進学先を法政大に決めたのは、高いレベルに身を置くことで、成長したかったからだという。同期にも、今秋リーグ戦出場を果たした舩曳 海天理高出身)と宇草 孔基常総学院出身)の2人をはじめ、高校時代から注目されていた選手がずらり。安本は「もちろん、そういう同期の連中に負けたくない気持ちもあります」と話す。静岡高同期の堀内選手が高卒でプロ入りしたことも「嬉しかった半面、刺激にもなっている」という。

【次のページ】 ベンチ入りした試合で普段の力を出す難しさを感じる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

安本竜二
安本 竜二(やすもと・りゅうじ)
  • ポジション:三塁手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:179センチ84キロ
  • 出身校:静岡
【関連記事】
第618回 東海地区を代表するスラッガー成瀬和人(静岡)「強打復活のカギは右足の使い方」 【2017年インタビュー】
第486回 26日開幕!静岡、至学館など出場8校の戦力分析!【春季東海大会展望】【大会展望・総括コラム】
第517回 横浜DeNAベイスターズ 石田 健大投手(広島工出身)「自分が持つ感覚を研ぎ澄まそう」【後編】 【2017年インタビュー】
第515回 横浜DeNAベイスターズ 石田 健大投手(広島工出身)「ボールを使わずにコントロールを伸ばす」【前編】 【2017年インタビュー】
第460回 【2回戦展望】ベスト8に勝ち進むのはどこだ?ハイレベルな試合が続く2回戦8試合の観戦ポイントは?【大会展望・総括コラム】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
第11回 【選抜出場校徹底分析】県立静岡高等学校(静岡)【第89回選抜高校野球大会 チーム紹介】
第458回 いきなり履正社vs日大三の黄金カード実現!選抜大会の見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第10回 選抜出場校の「勝利の瞬間」をパシャリ!歓喜溢れる写真をピックアップ!【センバツ2017】
第481回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「名門・静岡のユニフォームを身に纏うために努力したこと」【前編】 【2016年インタビュー】
安本 竜二(静岡) 【選手名鑑】
静岡 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー