第481回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「名門・静岡のユニフォームを身に纏うために努力したこと」【前編】2016年12月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「名門」の洗礼に猛練習で立ち向かった高校時代
[2]プロ入りした投手との対戦で目線がさらに高く
[3]センバツでの不振から復活するも大学では新たなカベが

 今春、東京六大学の名門・法政大に、高校時代から注目を集めていた逸材たちが入学した。静岡高出身の安本 竜二選手もその1人。2年秋の東海大会で3本塁打を放ち、強烈な印象を残したのは記憶に新しい。甲子園には春夏合わせて3度出場し、3年春のセンバツではベスト8に進出。
レギュラー獲りを目指し、オフも黙々とトレーニングに励む安本選手に、高校時代を振り返ってもらうとともに、法政大でのエピソードなどを語っていただきました。

■高校最後の春を迎えた安本選手のインタビューはこちらから
「自分の目標へ勝負の選抜!」

「名門」の洗礼に猛練習で立ち向かった高校時代

安本 竜二選手(法政大学)

 90年以上の歴史を誇り、人気、実力ともに大学野球の最高峰に位置する東京六大学。その中にあって法政大は、リーグをけん引する存在であり続けている。通算リーグ優勝回数は1位・早稲田大の45に次ぐ44。「怪物」とうたわれた江川 卓氏(作新学院出身。元巨人)や、「ミスター赤ヘル」こと山本 浩二氏(廿日市高出身。元広島)ら、球史に名を残す選手も多数輩出している。

 全国から逸材が集まる名門中の名門。安本は入部早々、その洗礼を浴びたという。
「先輩方とはプレーの質はもちろん、体力的にも大きな差がある、と痛感させられました。高校野球を引退してから自分なりに準備してきたつもりでしたが、取り組みが甘かったようです。木製バットにも対応できなかったですし…法政大は描いていた以上のレベルでした」

 実は安本は、静岡高でも、同じような経験をしている。地元では「しずこう」の愛称で親しまれている静岡高も名門だ。甲子園出場回数は春夏合わせて39回を数える。これは静岡県最多で、1926年夏には優勝を、1960年夏1973年夏には準優勝を果たした。また今年の北海道日本ハムの日本一に貢献した増井 浩俊投手(駒澤大-東芝関連記事)など、何人もの選手をプロに送っている。

 安本は安倍川中2年の時に三塁手で県準優勝。その実績を引っ提げて静岡高の門を叩いたが、「入ってみるとレベルの高い選手ばかり。同期も硬式チーム出身者が多く、軟式だった僕と違って硬式の扱いにも慣れていて、差を感じました」

 どうすれば差が縮まり、県内選りすぐりの選手の中でレギュラーになれるのか?そのためにはやはり、人一倍練習するしかなかった。
「こういう選手になろう、というのはなく、日々ガムシャラに練習に取り組みました。いま思うとムダなこともしていた気もしますが、とにかく数をこなさないと、と。少しでも多く練習しなければ立場は変わらない、と思っていました」

 猛練習を支えたのが、野球を始めてから大きなケガとは無縁の強い身体だった。
「僕は当時も今も、体の柔らかさやしなやかさに欠けるのが短所。ですがその分、子供の頃から身体が強く、人よりもパワーがあるのが長所だと思っています。たくさん練習できたのも、身体が頑丈だったからかもしれません」

【次のページ】 プロ入りした投手との対戦で目線がさらに高く

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

安本竜二
安本 竜二(やすもと・りゅうじ)
  • ポジション:三塁手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:179センチ84キロ
  • 出身校:静岡
【関連記事】
第618回 東海地区を代表するスラッガー成瀬和人(静岡)「強打復活のカギは右足の使い方」 【2017年インタビュー】
第486回 26日開幕!静岡、至学館など出場8校の戦力分析!【春季東海大会展望】【大会展望・総括コラム】
第517回 横浜DeNAベイスターズ 石田 健大投手(広島工出身)「自分が持つ感覚を研ぎ澄まそう」【後編】 【2017年インタビュー】
第515回 横浜DeNAベイスターズ 石田 健大投手(広島工出身)「ボールを使わずにコントロールを伸ばす」【前編】 【2017年インタビュー】
第460回 【2回戦展望】ベスト8に勝ち進むのはどこだ?ハイレベルな試合が続く2回戦8試合の観戦ポイントは?【大会展望・総括コラム】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
第11回 【選抜出場校徹底分析】県立静岡高等学校(静岡)【第89回選抜高校野球大会 チーム紹介】
第458回 いきなり履正社vs日大三の黄金カード実現!選抜大会の見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第10回 選抜出場校の「勝利の瞬間」をパシャリ!歓喜溢れる写真をピックアップ!【センバツ2017】
第482回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「静岡の3年間、そして甲子園5試合の経験はかけがえのない財産」【後編】 【2016年インタビュー】
安本 竜二(静岡) 【選手名鑑】
静岡 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー