第465回 負けるたびに強くなる“清宮幸太郎”という大きな存在2016年11月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
清宮幸太郎選手

【目次】
[1]今夏の八王子の敗戦がすべてきっかけとなっている
[2]公式戦16本目は、左腕投手から初めての本塁打
[3]神宮大会の経験はすべて価値のあるものだった

 明治神宮大会決勝で先制弾を放った清宮 幸太郎。これでチームは勢いに乗るかと思われたが、結果として履正社に6対11で敗れた。それでも、試合後の清宮は、ここまで戦えたことをプラスに捉えている様子だった。今年のチームがなぜ明治神宮大会決勝まで勝ち進めたのか?また、東京都大会後からの自身の打撃の復調について本人はどう感じているのだろうか?

 今夏の八王子の敗戦がすべてきっかけとなっている

 「すべては八王子戦の負けがきっかけになったと思います」
 神宮大会決勝後の囲み取材で、ここまでの勝ち上がりの要因をそう振り返った清宮 幸太郎
今夏西東京大会準々決勝で八王子に敗れ、二季連続の決勝進出を逃した早稲田実業にとっては悔しい、悔しい負けだった。この負けを忘れず、選抜へ向けて、新チームのスタートを切った。

 清宮は主将に就任後、スローガン「GO!GO!GO!」を掲げた。このスローガンの下、早稲田実業の選手は大きくパワーアップを遂げた。投手陣のスピードは上がり、野手陣の力量は全体的に底上げされ、関東一国士舘日大三といった強豪校を打ち破り、東京都大会で優勝を決めた。決勝戦では、清宮は5三振に終わりながらも、打線が奮起し、日大三櫻井 周斗を攻略。チームの成長が優勝をもたらしたといっていい。そのチームについては清宮はこう語っている。
「初戦から比べても、チームはとても変わったと思います。出ている人、出ていない人関係なく、みんなが声を出して、どんな展開になっても諦めず、誰かが失敗しても誰かが助けてくれる、そういうチームになりました」
しかし、キャプテンである自身は決勝で5三振に終わったことについて、「チームは勝利したけれども、自分は負けていた」と口にした。
 それでも、神宮大会前までに技術修正に努めた。とくにチェックしたのは右肩の開きだ。開きの早さを修整するために、和泉実監督の指導を受けた清宮は神宮大会前最後の練習試合では高校通算75本塁打を放ち、復調した姿を示した。

【次のページ】 :公式戦16本目は、左腕投手から初めての本塁打

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

清宮幸太郎
清宮幸太郎(早稲田実業)
  • ポジション:一塁手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:184センチ97キロ
  • ■選手名鑑
    清宮 幸太郎
【関連記事】
第120回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「ドラフト1位の筆頭候補はスラッガータイプ」【ドラフト特集】
第120回 【2017年ドラフト】 最多本塁打記録を樹立した怪物!清宮幸太郎(早稲田実業)の3年間の軌跡を年表でチェック!【ドラフト特集】
第119回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「ドラフト戦略の基本理念は『フルスイング』だ!」【ドラフト特集】
第118回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ編 「11年ぶりBクラスの巨人を救うのは超高校級の野手たちか!?」【ドラフト特集】
第115回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ編 「次の大谷・中田の獲得が課題」【ドラフト特集】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
日大三vs正則【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
日本vs南アフリカ【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本vsオランダ【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本vsキューバ【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本vsアメリカ【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー