第429回 横浜高等学校 藤平尚真選手 「剛腕を支える腕の振りの強さ」 2016年08月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

藤平尚真選手
 

大舞台ほど燃える男だろう。
「代表投手陣の中で調子が一番上がっていない」と語った藤平 尚真横浜)。それでも多くの観客席で埋め尽くされたQVCマリンフィールドで行われた壮行試合で最速149キロのストレートで、大学代表の強打者たちを力でねじ伏せた。そんな藤平に剛速球を投げるためのポイントを伺った。

調子のバロメーターは「腕の振り」。腕を振るために意識していること

藤平尚真(横浜)選手

 この試合まで苦しい日々だった。前日の立教大戦(観戦レポート)で先発した藤平は3回を投げて5失点という内容。藤平が150キロ近い速球を投げ込んで打たれたならば、大学生のレベルが高かったとなるが、この試合の藤平は、140キロを超えたのが3球ほど。あとはほとんど130キロ後半だった。

 どれくらい調子が悪いかというと、例えば夏の神奈川大会向上戦。5回からリリーフで登場した藤平は、145キロ以上が9球、そして2イニングだけ投げた夏の神奈川大会準決勝の桐光学園戦は、145キロ以上が8球もあったのだ。力を入れようと思えば、145キロは出る男なのだ。全力で投げようとしても、145キロ前後の速球が投げられないのは、本人にとっては苦しかっただろう。

 そんな藤平は自慢の剛速球を投げるためのポイントはなにか。
「それは腕が振れることですね。それができるために全身を力強く使える形を目指していますし、体の使い方はキャッチボールから意識して、取り組んでいます」

 投手はよく腕を振ることを大事にする。しかしそれは強く腕を振ろうと思っても振ることはできない。上半身、下半身の動きが上手く連動して自然と腕が振れるものである。だから投手はフォームにこだわるのはそういうことであり、藤平もその1人である。

 藤平は日々の身体の状態によって、フォームの動きを微調整する。強い腕の振りができるために、藤平はキャッチボールから独特だ。普通、右投手ならば、右足を巻き込んで上げるが、この時は、受け側に向かって、正面に立って、左足を垂直に上げてから、投げるなど、とにかくいろいろ工夫をしながら、キャッチボールしている姿があったのだ。

 そしてこの試合でも前日の試合からフォームの動きを変えていた。藤平といえば、身体を沈み込ませて、歩幅を広く取って投げ込むフォームだが、この日は歩幅を狭め、沈み込みを小さくして投げていたのだ。

 それが功を奏したのか。藤平は大学生相手に快投を見せる。まずリーグ通算15本塁打を誇る大山 悠輔(白鴎大)には149キロのストレートで詰まらせて中飛に打ち取ると、今秋のドラフト1位候補・吉川 尚輝中京学院大中京)が148キロのストレートが高めに決まり空振り三振。そして大学生を代表する強打者・森下 翔平(東海大)にも148キロのストレートでねじ伏せ、一邪飛。三者凡退に打ち取った。やはり藤平本来のストレートを投げ込むことができれば大学生の打者でもまともに打ち返すのは厳しい。やはりスピード・球威は大事だと感じるところである。僅か1日でここまでの投球。自己修正能力の高さを発揮したのだ。

 試合後、報道陣の前に現れた藤平はとても充実した表情で試合を振り返った。
「調子が悪かったですけど、この試合で、何か手応えを感じられる部分と、ここから少しずつ上がっていける感覚をつかめたところがありますので、台湾へ向けて、トレーナーさんと相談しながら状態を高めていきたいと思います」

 エースとして活躍しなければならない男がようやく復調を示した。これは非常に大きいだろう。今年の18名で唯一のU-15代表経験者。 結団式の記者会見で、「U-15の仲間の分も頑張ろうという気持ちは強いです。甲子園ではお互いライバルで戦う相手でしたが、お互いに教え合って、高め合っていきたいです」と語るように、U-15代表経験者の思いも背負って台湾の舞台に臨もうとしている。

 今年の高校生を代表する剛腕の本領発揮は台湾からだ。

(文=河嶋 宗一

注目記事
【第11回 BFA U-18 アジア選手権特設サイト】
観戦レポート:侍ジャパンU-18代表vs立教大
観戦レポート:壮行試合 侍ジャパン大学代表vs侍ジャパンU-18代表

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

高橋昂也
藤平尚真(ふじひら・しょうま)投手
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:185センチ83キロ
  • 出身:千葉市シニア
  • ■選手名鑑
    藤平 尚真
【関連記事】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第130回 昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也【ドラフト特集】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第125回 【2017年ドラフト】 1年夏からレギュラー!増田珠の3年間の歩みを年表でチェック!【ドラフト特集】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第564回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】 【2017年インタビュー】
第562回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】 【2017年インタビュー】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
侍ジャパンU-18代表vs立教大【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
横浜vs東北【第98回全国高等学校野球選手権大会】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
横浜vs桐光学園【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
藤平 尚真(横浜) 【選手名鑑】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー