第422回 創志学園・髙田 萌生投手 『初の甲子園出場に導いた右腕の次なる目標は世代頂点投手へ』 【後編】2016年07月26日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]センバツで気づかされた「心のコントロール」
[2]主張しあえる」仲間たちともう一度甲子園へ
[3]「世代頂点投手」、「甲子園制覇」、そして侍JAPANへ

 7月22日・岡山大会準々決勝・岡山理大附戦で自己最速を3キロ上回る154キロをマークするなど、1勝をあげたセンバツから、さらなる進化を続ける創志学園(岡山)の絶対的エース・髙田 萌生(たかた・ほうせい)。センバツ時点で178センチ75キロと投手としては決して大きくない身体からなぜ、あのようなスピードボールが投げられるようになったかを探った前編に続き、後編は最後の夏、そして注目を集めるプロ入りへの想いを追う。

センバツで気づかされた「心のコントロール」

髙田 萌生投手(創志学園高等学校)

――そのセンバツですが、東海大甲府戦(1失点完投勝利)、高松商戦(5失点完投も敗戦)2試合共に甲子園で拝見させて頂きました。印象的だったのは高松商戦、3回に5点を失った後に吹っ切れたように腕が振れだしたことです。

髙田 確かにそうでした。5点は取られましたが序盤「まだいける、でもこれ以上は失点できない」気持ちで投げていました。調子は2回戦の方が腕も振れていましたし、立ち上がりから今までにないくらいボールのキレもあったんです。

――東海大甲府戦では緊張もあったのですか?

髙田 精神的な緊張はなかったんですが、序盤は身体が硬く、腕も振れていなかったですね。投げているうちに腕が振れるようになってきました。

――高松商打線に対戦した中で感じたことも今に活きていると思います。

髙田 高松商で最も怖かったのは5番の美濃(晃成)くん。実は明徳義塾中時代に高松市立古高松中の美濃くんとは対戦しています。その時はレフト前に打たれた記憶があるんですが……。彼と1番の安西(翼)くんと3番の米麦 圭造くんは試合前から警戒しようということでしたし、彼らが勢いづくとチームも乗ってくる。3回(5失点)というのも、高松商が勝ち上がった勢いになってしまったと思います。

 この失点で一番大きかったのは美濃くんに打たれて3点取られた後に6番(植田 理久都<2年>)に食らった2ラン。あそこで流れを止めなくてはいけなかったのに、打たれたところが自分の甘さだと思います。自分の調子がよかったこともあって打たれた動揺もあったんですが、あそこで厳しくつける「心のコントロール」が大事なことを知りました。ですので、夏までの練習試合はピンチになっても1回冷静になって、インコースを厳しく突くこと、点を取られないことを意識してやってきました。5月の練習試合で東洋大姫路(兵庫)、佐賀商(佐賀)を完封できたのも「心のコントロール」ができたのが大きかったと思います。

⇒次のページ:主張しあえる」仲間たちともう一度甲子園へ

【次のページ】 主張しあえる」仲間たちともう一度甲子園へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

髙田萌生
髙田 萌生(たかた・ほうせい)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:178センチ75キロ
  • ■選手名鑑
    髙田 萌生
【関連記事】
第656回 倉敷商が制した春季岡山大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第647回 近年は新鋭の台頭!群雄割拠の“岡山春の陣”【大会展望・総括コラム】
第79回 創志学園(岡山)編「創立7年余りで全国クラスの強豪へ 創志学園のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第71回 盛岡大附属(岩手)編「2017年に春夏甲子園ベスト8の快挙を果たした盛岡大附属のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第476回 5月3日は横浜vs東海大相模など好試合が満載!【大会展望・総括コラム】
盛岡大附vs創志学園【第98回全国高等学校野球選手権大会】
第421回 初の甲子園に導いた髙田 萌生投手(創志学園) 「『人差し指』に秘められた剛腕への過程」 【2016年インタビュー】
第335回 敦賀気比高等学校 林中勇輝選手「主将としての重圧を乗り越えて」 【2015年インタビュー】
創志学園vs南陽工【2015年秋の大会 第125回(平成27年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
髙田 萌生(創志学園) 【選手名鑑】
創志学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー