第368回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【後編】「試合で力を発揮するためのコンディショニング作り」2016年01月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]小川投手がオススメするトレーニング
[2]良いと思ったトレーニングはどんどんトライする

 1年目から16勝を上げ、東京ヤクルトスワローズのローテーション投手として活躍する小川 泰弘投手。前編では疲労が溜まる時期でもトレーニングを継続する重要性を教えていただきました。後編では小川投手がオススメするトレーニングをたっぷりと教えていただきました。

小川投手がオススメするトレーニング

小川 泰弘選手(東京ヤクルトスワローズ)

「ウエイトにしても、どんなトレーニングにしても、必ず野球に生きてきます。このトレーニングをやったら、投げるときのこの部分につながるとか、そういうことを考えながら取り組んでいます。ただ、やるのではなく、ピッチングの動きだったり、スポーツ選手として、こういうふうに良くなっていくというのをイメージしながら、トレーニングしています」

 例えば、インターバル走(100Mダッシュ10本)の場合。
これはシーズン中でも実施するメニューだが、試合になれば、緊張感が高まってくる。スタンドの観客からも注目され、さらに負けられないというプレッシャーを感じながらマウンドに上がらなくてはいけない。そういった外的要因から、心拍数も自然と上がっていく。その中でいかに、いつも通りの自分の球を投げることが出来るのか?それをインターバル走後に、息が上がった状態でベストピッチが出来るようになるためのトレーニングだと捉えて走るだけでも、効果は違ってくる。

 また、重りのついたチョッキをつけてランジをするトレーニングの場合。
「投げる上で股関節が大事なので、ランジでの形を意識して投げています。だから、この動作で使う筋肉を鍛えながらも、柔軟性を出しながら行うということを意識して取り組んでいます」

チューブを使い、骨の位置や筋肉を固定させるトレーニングのイメージ

 サイドペッパーであれば、ピッチャーゴロの処理で素早く移動して切り返す動作をイメージしながら。そうやって、小川は、どのトレーニングにも投手動作の中での目的を見出し、取り組んでいる。

 小川が、「これ、オススメです!」と教えてくれたのは、チューブを使ったトレーニングだ。日頃から、柱にチューブをひっかけて両腕をY字やT字の形で上に開き、引っ張る動作を20回×2~3セット行っているというが、小川はこんなメニューも実演して教えてくれた。
「チューブを2本持って、腕に内側から巻いていって、この状態(写真右)にしてから、肩を固定したまま上にあげる。そうすると、骨の位置や筋肉が固定されます。これも、毎日やった方が良いなと自分は思っています」

 ちなみに、制球力を高めるようなバランス感覚を養うトレーニングで小川が実践しているのは、バランスディスクトレーニングだ。
バランスディスクの上に立ち、ピッチング動作の中で、最初に片足を上げた状態から、着地させずに、頭の位置を固定したまま、体幹を意識して、ふらつかないまま体勢をキープする。腹圧を高めて固定したまま、片足を動かしながら、体勢を維持するのは意外と難しい。

このページのトップへ

【次のページ】 良いと思ったトレーニングはどんどんトライする

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小川泰弘
小川 泰弘(おがわ・やすひろ)
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 経歴:成章-創価大-東京ヤクルトスワローズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:171センチ80キロ
  • 生年月日:1990年5月16日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第82回 寺島 成輝(東京ヤクルト)「『履正社出身』を胸に」【ドラフト特集】
第76回 廣岡 大志(智辯学園ー東京ヤクルトスワローズ)「セ・リーグではピカイチの有望株!廣岡が目指すスラッガー像とは?」【ドラフト特集】
第25回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「高校時代からは想像もつかなかった選手に成長した」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第24回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「印象は『普通の高校生』『継続する大切さ』を教わる」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
第18回 昨年の打撃成績のすべてを上回りたい!雄平選手(東京ヤクルトスワローズ)がバットで重視していること【プロ野球選手の用具のこだわり】
第367回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【前編】「長丁場のペナントレースでも力を発揮し続けるには」 【2016年インタビュー】
第303回 宮本 慎也氏【後編】「上手くなるには誰にでもできることの積み重ねしかない」 【2015年インタビュー】
第302回 宮本 慎也氏【前編】「走る意欲は大きなアドバンテージになる」 【2015年インタビュー】
第272回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘投手 「小さな投手が第一線で活躍するために必要なこと」 【2015年インタビュー】
館山昌平、復活への道
小川 泰弘(成章) 【選手名鑑】
成章 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー