第327回 花咲徳栄高等学校 大瀧 愛斗選手【後編】 「スランプから脱却させた岩井隆監督の魔法の一言」2015年10月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チームメイトとの話し合いでチームが勝つことを最優先に
[2]見えない呪縛から解放された岩井隆監督の一言
[3]プロではオコエ選手を追い抜く!

 前編では入学時から3年春までの過程を振り返っていきました。そして後編では飛躍を遂げた夏の埼玉大会甲子園の振り返り、そのきっかけとなるエピソードを紹介!高卒プロ志望届けを提出し、現在、取り組んでいることを伺いました。

チームメイトとの話し合いでチームが勝つことを最優先に

「我武者羅」と刺繍されたグローブを見せる大瀧 愛斗選手(花咲徳栄高等学校)

 大きな課題を一つクリアした大瀧 愛斗だが、肝心のバッティングでは不調が続いていた。
春の埼玉県大会では、また1試合に1安打しか打てなくて。準々決勝の聖望学園戦では、2点リードされている8回に二死満塁で打順が回ってきたんですけれど、『真っ直ぐを狙え』という指示だったのに、なぜか変化球を当てにいってしまって。結局、ショートゴロに打ち取られ、負けてしまった。その日、あまりにも試合内容が良くないという事でミーティングが開かれて、21時くらいまでやっていたんですけれど、自分はいつものように意見が出せませんでした」

 ミーティングが終わり、1人で食堂に向かっていた大瀧。その時、不意にチームメートの里見 治紀に話し掛けられた。
「里見はすごく周りが見えていて、自分のバッティングフォームのわずかな変化にも気付いて、いつもアドバイスしてくれるんですけれど、『ミーティングで何か言いたそうだったけれど、どうしたの?』って声を掛けられて、2人で話し合う事になったんです」

 里見は大瀧と共に2年時からレギュラーとしてプレーしており、3年になった今年も5番を打つ主力選手だったが、彼も結果が出ずに苦しんでいた。
「その時、『自分たちは他のチームメートよりも練習しているのに、何で打てないんだろう』という話になって。いろいろと原因を探していく中で、それは『自分が良いプレーをできればいい』と考えてしまって、『チームの勝利が最優先なのに、そういうプレーができていなかったからじゃないか』って気が付いたんです」

 プロを意識するあまり、知らず知らずのうちに個人プレーに走っていた大瀧は、そんな自分を反省し、この日を境に心を入れ替えた。
春季大会で負けた次の日、急遽、練習試合が組まれたんですけれど、『自分の為じゃなく、チームの為に』と思って試合に臨んだら、自分も里見もホームランを打ったんです。試合後、『昨日まで打てなかったのに、何で今日は打てるんだろう』って思っていたんですけれど、里見と『これからも、この気持ちを信じてやっていこうぜ』って誓い合ったんです」

 以前はホームランを狙っていた場面でも、相手の守備陣形を見てセーフティバントを試みるなど、フォア・ザ・チームの精神とともに復調した大瀧だった。

このページのトップへ

【次のページ】 見えない呪縛から解き放たれた岩井監督の一言

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大瀧 愛斗
大瀧 愛斗 (おおたき・あいと)
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:178センチ82キロ
  • ■選手名鑑
    大瀧 愛斗
【関連記事】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ!【100回記念大会特集】
第48回 駒大苫小牧の連覇から10年、北海の準優勝で新時代到来【北海道・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第133回 想いはそれぞれ。球児たちが振り返る今年の漢字とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
第326回 花咲徳栄高等学校 大瀧 愛斗選手【前編】「もうはまだ まだはもうで始まった成長ストーリー」 【2015年インタビュー】
東海大相模vs花咲徳栄【第97回全国高等学校野球選手権大会】
花咲徳栄vs伊奈学園【埼玉県 2015年春季大会 埼玉県地区予選】
狭山ヶ丘vs花咲徳栄【埼玉県 2014年春の大会 春季埼玉県大会】
大瀧 愛斗(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー