第303回 宮本 慎也氏【後編】「上手くなるには誰にでもできることの積み重ねしかない」2015年04月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]打球判断の練習は打順を踏まえるとより実戦的になる
[2]スパイクの特徴を生かして走塁のパフォーマンスを上げる

宮本 慎也氏インタビュー【前編】はこちらから!

 前編では、宮本氏にプロで生き残るために走塁にこだわるようになったきっかけを教えていただきました。後編では日頃の走塁練習でより効果が増す取り組み方、考え方、スパイクの使い方についてもアドバイスをいただきました。

打球判断の練習は打順を踏まえるとより実戦的になる

宮本 慎也氏

 フリー打撃の際に走者になり、生きた打球を見ながら打球判断の練習をしているチームは多いと思う。宮本氏によると「打順が決まっているのであれば、自分が走者になった時に打席に入る選手の打球で練習した方が、より実戦的」だという。

「たとえば二番打者なら、塁に出た時に打席に入るのは三、四、五番ですよね。ならばその選手の打球を日頃から見ておき、ドライブする打球が多いとか特徴をつかんでおくと、試合での打球判断がしやすくなると思います。走塁では二塁からワンヒットで還るのが一番難しいのですが、このことでコンマ何秒かでもスタートが早くなれば、それだけセーフになる確率も高まるはずです」

 宮本氏がくれたこの2つ目のアドバイスは、打順が固定されている選手は是非、実践してみたい。反対に打順が固定されていない選手や、代走での出番が多い選手は「レギュラー全員の打球の特徴を頭に入れておく必要があるでしょう」

 3つ目のアドバイスは「誰でもできることは必ずやる」だった。

「当たり前かもしれませんが、塁に出たら、アウトカウントと相手の守備位置を確認します。守備位置は外野だけでなく、内野も見ます。高校野球では滅多にないかと思いますが、メジャーでは、三塁手が遊撃あたりにいる極端な守備陣形を取っていたところ、二盗に成功した走者がすぐに三塁に向かい、進塁を成功させた例もあります。ボールを持った野手が追いかける形になりましたが、その選手の足が優ったのです。私が思うに、その選手ははじめから、空いてしまった三塁を狙っていたのでしょう」

 スキのない走塁を実践するには、こうした「準備」も不可欠だ。

このページのトップへ

勝つための走塁特集

【次のページ】 スパイクの特徴を生かして走塁のパフォーマンスを上げる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

宮本 慎也
宮本 慎也 (みやもと・しんや)
  • 生年月日:1970年11月5日 
  • 出身:大阪府吹田市
  • 身長/体重:176センチ/82キロ
  • 経歴:PL学園-同志社大学-プリンスホテル-ヤクルトスワローズ-東京ヤクルトスワローズ
【関連記事】
第518回 ロサンゼルス・ドジャース 前田 健太投手(PL学園出身)「投球も守備も上達する野球の向き合い方」 【2017年インタビュー】
第42回 小林 誠司選手(広陵-読売ジャイアンツ)「プロでの成功を確信したエピソード」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第82回 寺島 成輝(東京ヤクルト)「『履正社出身』を胸に」【ドラフト特集】
第38回 小林 誠司選手(広陵-読売ジャイアンツ)「誠司にキャッチャーをやらせた理由」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第509回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第4回「楽しむために「自分で」努力する」 【2017年インタビュー】
第508回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第3回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その2!  【2017年インタビュー】
第506回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第2回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その1!  【2017年インタビュー】
第76回 廣岡 大志(智辯学園ー東京ヤクルトスワローズ)「セ・リーグではピカイチの有望株!廣岡が目指すスラッガー像とは?」【ドラフト特集】
第504回 バトルスタディーズ第100回記念対談!なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第1回「バルスタディ」の秘密 【2017年インタビュー】
第25回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「高校時代からは想像もつかなかった選手に成長した」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
館山昌平、復活への道
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
PL学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー