第258回 奈良大学附属高等学校 坂口 大誠投手「抜群のコントロールを築き上げたプロセス」2015年02月23日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]天理、智弁学園を見返したいと思って入学した
[2]コントロールと伸びのあるストレートを投げられる秘訣
[3]みんなから信頼される投手へ

【奈良大学附属高等学校の野球部訪問もあわせてチェック!】
奈良大学附属高等学校【前編】
奈良大学附属高等学校【後編】

 春夏通じて初の甲子園出場を決めた奈良大附、その原動力となったのは不動のエース・坂口 大誠だ。スピードガン表示以上のキレと抜群のコントロールを誇る本格派右腕について、バッテリーを組む髙橋 康太朗は「器用で何でも出来るすごいピッチャー。入学時と比べてまっすぐも変化球も質が上がっている」と話す。真後ろから投球を見つめるショート・松下 侑平、セカンド・前田 勇大が「ピンチになっても抑えてくれるし守っていて安心感がある」と口を揃えるなどナインからの信頼も厚い。

天理、智弁学園を見返したいと思って入学した

坂口 大誠投手(奈良大学附属高等学校)

 奈良県にとって、天理智辯学園は二大チームである。それは同時に中学球児の憧れでもあるが、坂口もこの2校に行きたいと思っていた。だが2校からアプローチはなかった。それならば、この2校を倒せる投手となって、見返したい。2校に対抗できるのは、奈良大附しかないと思い、門を叩いた。

 坂口は1年から起用される。自信になったのは、1年夏の決勝桜井戦だ。
「1年夏の決勝の桜井戦ですね。ワンアウト満塁で出されたんですけどそこをホームゲッツーで抑えられた時がすごく自信になりました」

 そうして奈良大附の主力投手へ成長をしていくが、新チームを迎えるまで結果を残すことができなかった。とくに悔しかったのは、2年春智辯学園戦だ。3対13で敗れた試合だが、この試合を振り返って坂口は、
「自分に変に自信があったというか調子に乗っていたところもあったので、いい経験になりました。あと変化球が大事ということを教わりました」

 そうして磨いた変化球。現在の球種は、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップだ。よく使うのがスライダーとチェンジアップ。坂口は昨秋の奈良県大会で準優勝へ導く活躍を見せて、近畿大会に出場。ここで坂口の評判が高まる。会心の投球を見せ、2安打完封勝利を見せた鳥羽戦(試合レポート)をこう振り返った。

「あの試合はどの試合より気合いが入っていて、自分が引っ張っていかないとという気持ちで投げたので、1番良いピッチングだったと思います」

 しかし選抜がかかった箕島戦(試合レポート)では苦しい投球だった。先行を許しながらも、しっかりと粘って2失点完投。その粘りが、サヨナラ劇を呼び込んだ。ベスト4入りし、初の選抜出場を勝ち取ったのだ。

このページのトップへ

【次のページ】 コントロールと伸びのあるストレートを投げられる秘訣

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

坂口 大誠
坂口 大誠(さかぐち・たいせい)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:180センチ75キロ
  • ■選手名鑑
    坂口 大誠
【関連記事】
第729回 奈良展望 天理・智辯学園は再戦が実現するのか?高田商ブロックは最激戦区!!【大会展望・総括コラム】
第521回 高校野球ドットコム座談会 「5季連続優勝の智辯学園に立ちはだかる実力校たち」【大会展望・総括コラム】
第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?【大会展望・総括コラム】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第128回 【センバツ総括】小関順二が選んだ選抜ベストナイン! 【大会展望・総括コラム】
敦賀気比vs奈良大附【第87回選抜高等学校野球大会】
立命館宇治vs奈良大附【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
奈良大附vs箕島【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
奈良大附vs鳥羽【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
坂口 大誠(奈良大附) 【選手名鑑】
奈良大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー