印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~2014年08月29日

【目次】
[1] セーフティーリードがなくなった高校野球で不変の守備位置
[2] 不用意な前進守備で涙をのむ
[3] 状況を確認したうえでの守備位置
[4] ビッグイニングを作られないために

セーフティーリードがなくなった高校野球で不変の守備位置

 両チーム合わせて5本塁打――。

 初回に満塁本塁打と先頭打者本塁打から始まった準決勝の大阪桐蔭敦賀気比の試合(試合レポート)に代表されるように、近年の高校野球の打力向上はめざましい。
今大会でもその準決勝で大阪桐蔭が5点差、1回戦で大垣日大が8点差を逆転するなど、セーフティーリードがなくなってきている。
150キロを超えるマシンで打ち込むことができ、食事や筋力トレーニングなどで身体つくるチームが増えてきた今、特に夏の大会はある程度の失点を覚悟して戦わなければいけない。確実に時代は変わっている。

 ところが、時代が変わっているにもかかわらず、変化していないものがある。

 それは、守備位置だ。

守備練習の様子

 これだけ打力上位になっても、走者が三塁に進むと何の疑問も持たずに前進守備を選択するチームが数多くあるのだ。それも、ベースとベースのラインを結ぶオンラインよりも前。中には投手のすぐ後ろに守るようなチームもある。

 8点差の大逆転が話題になった大垣日大藤代の試合(試合レポート)では、大垣日大が初回一死満塁の場面でかなり浅めの前進守備を敷いた。
そして、直後の5番・小林 慧太の打球はセカンド後方への当たり。併殺狙いの中間守備ならば確実にセカンドフライだったが、ポトリと落ちるタイムリーヒットとなり、先制点を許した。そこから、死球、サードの失策、ライト前安打、ランニング本塁打と続いて一挙8失点。大苦戦の原因を作ってしまった。

大垣日大の打線は全国でもトップクラス」

 藤代・菊地一郎監督がそう言ったように、大垣日大打線は力があった。チーム力を考えても、大垣日大の方が上。初回の1点ぐらいならば、はね返せる力はある。「1点ぐらいやってもいい」という余裕があれば、いきなりの8失点はなかっただろう。

 監督自身が悔やんでいたのが、武修館
八戸学院光星相手に3投手の継投で7回まで1対0とリード。金星が見えてきた8回表の守りだった。

 無死からレフト前安打の後、送りバントを三塁手がフィルダースチョイス。さらに投手前の送りバントの処理が遅れて安打にしてしまい、無死満塁のピンチを迎えた。
打者は3番の森山 大樹。ここで武修館内野陣は前進守備を敷いた。それも、セカンドとショートが投手のすぐ後ろに守る超前進守備。この後、森山の打球はショートゴロだったが、守備位置が前すぎてセンター前への逆転2点タイムリーになった。試合後、小林正人監督は言った。

「ノーアウト満塁で守備を後ろにしておけば、ゲッツーを取れた。(1点を守るのではなく)同点にしとけばという悔いはあります。あれはひとつ、勉強になりました」

  無死満塁の作られ方も、打たれたものではなく、バント処理のミスが2つ絡んでのもの。ミスで出した走者が複数いて、一人も返さないというのは、流れからしても簡単なことではない。
金星まであとアウト6つ。勝利が見えた場面だけに「1点もやりたくない」と思うのは仕方がないが、「無死満塁にしてしまったのだから、1点ならOK」という気持ちが必要だった。

第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 前進守備で涙をのんだ戦い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
第73回 大阪桐蔭(大阪)編「2000年代史上最強の超強豪校・大阪桐蔭のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第8回 大阪桐蔭高等学校(大阪)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第12回 日本文理高等学校(新潟)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第566回 藤原恭大(大阪桐蔭) 「新境地を拓いた左方向のバッティング」 【2017年インタビュー】
第565回 徳山壮磨(大阪桐蔭) 「選抜優勝投手を支える微調整術」 【2017年インタビュー】
第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」 【2017年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第493回 大阪桐蔭高等学校 根尾 昂選手「投手としてはチームに勢いを、打者としてはチャンスを作り、還せる選手になりたい」 【2017年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
青山 【高校別データ】
明野 【高校別データ】
飯南 【高校別データ】
伊勢 【高校別データ】
岩国 【高校別データ】
岩国工 【高校別データ】
上野 【高校別データ】
宇治山田 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
大垣日大 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
川越 【高校別データ】
神戸 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
水産 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
津 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
鳥羽 【高校別データ】
富山商 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
藤代 【高校別データ】
武修館 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
四日市 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー