印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第14回 甲子園総括コラム ~選手から振り返る 第96回全国高校野球選手権大会~2014年08月29日

【目次】
[1] 捕手豊作年となった第96回選手権大会
[2] 聖地で輝いた投手たち
[3] 眠っていた才能を引き出した甲子園での熱戦

捕手豊作年となった第96回選手権大会

優勝し歓喜する大阪桐蔭ナイン 写真提供:共同通信

 先日幕を下ろした第96回選手権大会を、個人に焦点を当てて振り返ってみたい。

 安樂 智大済美)・髙橋 光成前橋育英)・小島 和哉浦和学院)など注目選手が予選で敗退し、「主役不在の夏」と言われていた第96回選手権大会。しかし、一方で今年の夏も甲子園で輝いた逸材たちがいたので紹介しよう。1回戦17試合の中で目立ったのは野手である。とくに捕手は強肩が集まり、攻守交代に合間に行われるイニング間の二塁スローイングを見るのが楽しかった。どんな捕手がいたのか見ていこう。


試合日名前高校名学年投打身長体重
8/11守屋 元気春日部共栄3年右右174/74
岡田 耕太敦賀気比3年右右173/80
8/12堀内 謙伍静岡2年右左175/80
内藤 大貴大垣日大3年右左173/71
8/13柘植 世那健大高崎2年右右175/73
太田 光広陵3年右右177/72
8/14清水 優心九州国際大付3年右右185/88
8/15吉田 高彰智辯学園3年右右180/78
横井 佑弥大阪桐蔭3年右右174/74

 このうち、イニング間の二塁送球で1.8秒台を計測したのは守屋、岡田、清水、吉田の5人。
さらに実戦(二盗を阻止するスローイング、離塁の大きい走者けん制するスローイング)で2秒未満を計測したのは内藤の1.88秒(藤代戦の3回表)、太田の1.95秒(三重戦・(試合レポート)の4回裏、二塁けん制で)の2人もいた。プロでも実戦での2秒切りは難しいので、「強肩揃い」という表現に誇張はない。

 彼らの多くは中心打者でもある。守屋、内藤は3番、岡田、堀内、太田、清水は4番、柘植は5番をまかされている。この打順で、たとえば岡田は5打数3安打2打点を挙げている。第5打席の2点タイムリーは、1ボール2ストライクからの変化球に対してヒザをクッションにしてタイミングを取り、左手のリードでレフト線へ運んだものだ。パワーとともに高い技術を併せ持たないとこういう打ち方はできない。

特徴的な攻撃を見せた敦賀気比、健大高崎、三重

 捕手以外では敦賀気比の上位打線が驚異的な破壊力を見せた。とくに目立ったのが好球必打の姿勢。
1回裏の攻撃では4番岡田の二塁打が1ボールからの2球目、5番峯の2ランホームランが2ボールからの3球目、3回裏の7番平沼 翔太のタイムリー二塁打は初球ストレート、5回裏の1番篠原 涼の2ランホームランも初球ストレートと徹底している。技術云々を言う前に、積極的に打っていく姿勢を高く評価したい。

峯 健太郎(敦賀気比)

 大会3日目に登場した健大高崎も見事な攻撃を見せた(試合レポート)。
2回までに3点先行される苦しい立ち上がりだったが、3回に2点、4回に1点、5回に2点と、短い間に得点を集中させた。2回の攻撃では1番平山 敦規、2番星野 雄亮が二盗を成功させ、「健大は走る」というイメージを岩国バッテリーの頭にしっかりと刷り込み、その後の攻撃を有利に運んだ。

 やはり3日目の三重広陵戦(試合レポート)は見事な走り合いが演じられた。
盗塁は両校合わせて1つしかないが、ここで言う走り合いとは打者走者の各塁到達。俊足の目安「一塁到達4.3秒未満」が、三重が5人8回、広陵が4人4回記録し、一塁へ5秒以上かけて走る不心得者も両校とも0人と、今大会で最も見応えのある走り合いとなった。

 このうち1人で3回、4.3秒未満を計測したのが三重の1番長野 勇斗。第2打席では1-1からのストレートを強烈に叩いてライト前に弾き返し、この振り抜いた打球で一塁到達は4.20秒という速さだった。健大高崎脇本 直人と並んで今大会を代表する外野手と言っていいだろう。

第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 聖地で輝いた投手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第130回 昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也【ドラフト特集】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】
第73回 大阪桐蔭(大阪)編「2000年代史上最強の超強豪校・大阪桐蔭のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第71回 盛岡大附属(岩手)編「2017年に春夏甲子園ベスト8の快挙を果たした盛岡大附属のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第69回 明徳義塾(高知)編「夏8年連続甲子園出場を続ける明徳義塾のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第388回 筑波大学 篠原 涼選手【後編】「基本の積み重ねが今の自分を作った」 【2016年インタビュー】
第387回 筑波大学 篠原 涼選手【前編】「甲子園に出るまでは地元に帰らないと決めた1年春」 【2016年インタビュー】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
第344回 徳島インディゴソックス 吉田 嵩投手「『探究』を継続し、NPBへの道開く」 【2015年インタビュー】
第337回 東邦高等学校 松山 仁彦選手「スケール感ならば藤嶋に負けない剛腕左腕!」 【2015年インタビュー】
逢澤 崚介(関西) 【選手名鑑】
青島 凌也(東海大相模) 【選手名鑑】
飯塚 悟史(日本文理) 【選手名鑑】
石川 直也(山形中央) 【選手名鑑】
岩下 大輝(星稜) 【選手名鑑】
大井 友登(東邦) 【選手名鑑】
太田 光(広陵) 【選手名鑑】
岡田 耕太(敦賀気比) 【選手名鑑】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
佐藤 僚亮(山形中央) 【選手名鑑】
篠原 涼(敦賀気比) 【選手名鑑】
清水 優心(九州国際大付) 【選手名鑑】
柘植 世那(健大高崎) 【選手名鑑】
内藤 大貴(大垣日大) 【選手名鑑】
平沼 翔太(敦賀気比) 【選手名鑑】
平山 敦規(健大高崎) 【選手名鑑】
藤嶋 健人(東邦) 【選手名鑑】
星野 雄亮(健大高崎) 【選手名鑑】
堀内 謙伍(静岡) 【選手名鑑】
松本 裕樹(盛岡大附) 【選手名鑑】
森田 駿哉(富山商) 【選手名鑑】
守屋 元気(春日部共栄) 【選手名鑑】
山城 大智(沖縄尚学) 【選手名鑑】
横井 佑弥(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
吉田 嵩(海星) 【選手名鑑】
吉田 高彰(智辯学園) 【選手名鑑】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】
脇本 直人(健大高崎) 【選手名鑑】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー