印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】2014年10月22日

【目次】
[1]下級生のときはスピードを追い求めていた
[2]2年夏の屈辱が勝つ投球を追求へ
[3]明治神宮大会決勝の逆転負けが細かな意識を高めるきっかけへ

 昨秋の北信越大会優勝明治神宮大会準優勝今年春の選抜こそ初戦敗退だったものの、夏も甲子園ベスト4と安定した強さを見せてきた日本文理。その立役者とも言えるエースの飯塚 悟史は、常時140キロ前後のストレートを制球良く低めに集めるピッチングが魅力で、BFAアジア選手権の日本代表にも選ばれ、プロのスカウトがマークするほどの逸材。

 中学時代から注目されていた選手だったが、本格的に頭角を現したのは2年秋の新チームになってから。それまでどのような経験を積み、どのような成長を遂げてきたのだろうか?今回、「成長力」をテーマに飯塚と大井監督に話を聞いた。

下級生のときはスピードを追い求めていた

飯塚悟史選手(日本文理)がんばらんば国体2014 大阪桐蔭戦より

――日本文理高校への進学を決めた理由は?

飯塚 悟史(以下「飯塚」) 中学1年の時に(2009年の)準優勝を見て、今まで1回戦敗退が当たり前だった新潟県にこんな成績を残せるチームがあるんだと、すごく感銘を受けました。新潟県の高校で甲子園に行くというのがずっと夢だったので、ここしかないと思ったんです。
あと中学の時は、自分で投げて、鎌倉と僕が打つみたいなチームだったので、打力のあるチームに行きたかった。だから強打の日本文理は魅力的でした。

――1年生の時から公式戦に登板。当時の投球を振り返ると今とは別人のような投球でした。

飯塚 当時は、スピードばかり追い求めていましたね。速ければ打たれない、速ければ勝てると考えていました。結果、フォームを崩して、コントロールも悪く、ケガをしたりしていました。考え方が中学生の延長線上で、甘かったですね。

――スピードへのこだわりを捨てたのはどういったキッカケからですか?

飯塚 2年夏の新潟決勝(対村上桜ヶ丘戦)がきっかけです。勝たなければならない試合の中で、満塁の場面からリリーフで出て、打者1人に四球を出して交代。試合には勝ちましたが、すごいショックを受けて、心から喜べない試合でした。そのあと、甲子園でも背番号1を付けさせてもらって、自分が先発すると思っていたので、先発ではないと聞いた時はショックでした。
4番手で(試合の形勢が決まった後に)投げた事が、すごく悔しかった。だから普段から監督の信頼を得られるような行動とピッチングをしようと思いました。


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

このページのトップへ

【次のページ】 2年夏の屈辱が勝つ投球を追求へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

岡本和真
飯塚 悟史(いいづか・さとし)
【関連記事】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
第480回 日本文理【後編】悩み、学び、考える新潟の長い冬【野球部訪問】
第479回 日本文理【前編】大井イズムの継承、日本文理新チーム始動【野球部訪問】
第61回 北信越勢の意識も変えた09年夏、日本文理の準優勝で歴史も変わる【新潟県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
日本文理vs東邦【第96回全国高校野球選手権大会】
飯塚 悟史(日本文理) 【選手名鑑】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー