印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第219回 福岡ソフトバンクホークス 本多 雄一選手(鹿児島実業高出身)2014年10月25日

【目次】
[1]「脚の速さ」と「スチール」は別物
[2]脚力を盗塁・走塁に結び付ける「スタート」
[3]ベースを「見ず」にベースを踏もう
[4]「いい走りをする」ためのコンディション作り

 2010年(59盗塁)、2011年(60盗塁)と2年連続でパ・リーグ盗塁王を獲得し、昨シーズンまでの8年間で積み上げた盗塁数は283個。名実共に球界を代表する快速選手として鳴らすのが福岡ソフトバンクのセカンド・本多 雄一である。

 鹿児島実高、社会人・三菱重工名古屋、そして福岡の地で磨いてきた走塁技術とは?
昨年はチームメイトの松田 宣浩三塁手と共にWBC日本代表も経験した本多選手が、高校野球でも実践できる盗塁・走塁の秘訣について、そっと教えてくれた。

「脚の速さ」と「スチール」は別物

福岡ソフトバンクホークス 本多 雄一選手

――本多選手といえば「スピード」。その速さに気付いたのはいつごろなんですか??

本多 雄一選手(以下「本多」) 速さは生まれ持った部分が多いと思うんですが、もともと走るのは小さいときから好きだったんです。いつも友だちと競争していました。

――それを「盗塁」という部分に落とし込むにはどう考えていくことが必要なのでしょうか?

本多 足の速さは自分でも分かっていたので、まずは盗塁を仕掛けていくことをしてみました。ただ、そこで盗塁が簡単でないことを知ったので、次に『どうやったらセーフになるのか』を考え始めたんです。一歩目のスタートや、走っている中でのストライドの伸ばし方、最後のスライディングまで。それらが全部重なり合うことでスチールが成功する。

 だから、脚の速さとスチールは別物なんです。単なる競争なら速く走ればいいことなんですが、盗塁はそこに内容が伴ってくるんですね。

――そこに気付かされたのは、社会人・三菱重工名古屋に進んでからですか?

本多 はい。鹿児島実時代は盗塁に対する欲がなかったので。社会人3年目のとき、盗塁の楽しさに気付いて、プロに入ったらさらにレベルが高くなったことで、盗塁することへの欲が出てきました。

――「足が速い楽しさ」が「盗塁の楽しさ」へと変化したわけですね。

本多 そうです。盗塁ばかりでなく、走塁で次の塁を狙う楽しさも生まれてきました。相手キャッチャーがワンバウンド捕球をしたときに次の塁を狙ったり、相手野手のちょっとしたスキを狙って次の塁に進む。色々な盗み方が浮かんできました。
ただ、これも自分の足が速かったから生まれてきたことだと思うんです。それを自分が知っているからこそ、さっき話した考えが浮かんでくるのだと思います。

このページのトップへ

【次のページ】 脚力を盗塁・走塁に結び付ける「スタート」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

菊池 雄星
本多 雄一(ほんだ・ゆういち)
  • 内野手
  • 1984年11月19日 福岡県大野城市出身
  • 29歳
  • 174センチ71キロ
  • 右投左打
  • 血液型O型
  • 鹿児島実業高校(鹿児島)卒業後、三菱重工名古屋で3年間プレーし、2005年大学・社会人ドラフト5巡目で福岡ソフトバンクホークスに入団。2006年8月に一軍初出場・初スタメン・初安打・初盗塁を記録すると、翌年からは若鷹軍団の二塁手定位置を確保した。2013年までの8年間で953試合出場3632打数1012安打13本塁打279打点、打率.279。そして通算盗塁数は283盗塁、2011年・2012年は盗塁王獲得。2011と2012年には二塁手部門でゴールデングラブ賞も受賞した。昨年WBC日本代表。今季は5月20日の「日本生命セ・パ交流戦」開幕戦となる広島戦で300盗塁を達成するなど、脚も好調を維持している。
【関連記事】
第517回 【鹿児島展望】シード校、初戦の好カード多し! 地に足つけた実力問われる!【大会展望・総括コラム】
第497回 【鹿児島展望】神村学園、鹿児島実、2強を軸にV争い!本物の力が問われる夏!【大会展望・総括コラム】
第10回 鹿児島実・久保 克之名誉監督「己を知り、相手を知る。「ミス」をなくし「負けない」チームを作る 」【後編】【名将たちの言葉】
第550回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「腕は勝手に振れるもの」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
第544回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「世界のSENGA」を支える「腕振りの統一性」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
第8回 鹿児島実・久保 克之名誉監督「己を知り、相手を知る。「ミス」をなくし「負けない」チームを作る 」【前編】【名将たちの言葉】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第437回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「自らの弱さと向き合うことで、もっと強くなれる」【後編】 【2016年インタビュー】
第436回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「日本一の安打製造機が語る、野球選手としての『あり方』論」【前編】 【2016年インタビュー】
第381回 鹿児島実業高等学校 綿屋 樹選手「目指すは打率8割以上!」 【2016年インタビュー】
鹿児島実 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー