2015年04月29日 日立市民運動公園野球場

常総学院vs鹿島

2015年春の大会 茨城県春季大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1シード・常総学院が鹿島に勝利し準決勝進出!エース鈴木昭汰は今大会初登板

常総学院先発・井上真幸投手

 日立市民運動公園野球場で行われた春季大会準々決勝、第1試合は第1シード・常総学院鹿島というカード。

 先攻・ 鹿島の先発は背番号1右腕・根木 龍斗(3年、鹿島シニア)。球威はそれほどではないが、サークルチェンジを操る技巧派だ。
後攻・常総学院は背番号11の右腕・井上 真幸(3年、土浦霞ヶ浦ボーイズ)。センバツで143キロを計測しその潜在能力の高さにプロスカウトも注目する剛腕。秋季関東大会では四球で自滅したが、センバツではストライク先行の好投を見せ、一冬越して課題のコントロールは克服できたのかと思ったのだが、この日の投球は違っていた。

 1回表、井上の投じた1球目が強烈だった。井上は、鹿島1番・宮村 翔(3年、平井中)に対して外角に頭の高さの剛速球を投じ、捕手・髙瀨 将太郎(3年、水戸シニア)はのけ反りながらミットに収った。

2番・根木と3番・細田 義眞(3年、鹿島中)は連続死球。5番・櫻井 涼(3年、神栖二中)もストレートの四球で二死満塁とすると、6番・笠掛 政貴はフルカウントから押し出しの四球を選び、鹿島が1点を先制する。なおも二死満塁とし、7番・正木の初球がボールとなったところで、常総学院ベンチは井上に代えて2番手に菅原 一泰(3年、世田谷サムライボーイズ)をマウンドへ送る。菅原は正木をサードゴロに仕留めピンチを凌ぐ。(鹿島1対0常総学院

 1回裏、先制を許した常総学院はすぐに反撃を仕掛ける。先頭の宇草 孔基(3年、墨田シニア、18U日本代表候補)が右中間三塁打で出塁すると、2番・陶山 勇軌(1年、城南ボーイズ)のセカンドゴロの間に生還し同点に追い付く。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 常総学院vs鹿島(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鉾田一vs鹿島学園【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】
第100回茨城大会の組み合わせが決定!選抜出場の明秀日立、春の王者・常総学院の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
明豊vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
横浜が2連勝!常総学院・土浦日大との試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
横浜vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!【大会展望・総括コラム】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs常総学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
鹿島 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
第67回春季関東地区高等学校野球茨城県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

常総学院ベスト4進出ラグナ 2015.04.29
井上の更なる成長にも期待してます

中盤の攻撃見事でした

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る