2014年05月04日 水戸市民球場

常総学院vs水戸工

2014年春の大会 茨城県春季大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

1年生ながら準決勝に先発し好投した鈴木(常総学院)

内面の強さを見せた常総学院が守り勝ち!

 まさに守り勝ちという試合であった。
県大会準決勝2試合目は4季連続関東大会出場を狙う常総学院と昨秋、関東大会出場の水戸工の対決。

 常総学院の先発・鈴木 昭汰(1年)。鈴木は昨年11月に行われた15Uアジア・チャレンジマッチ2013に出場、中学生ながら侍ジャパンを経験している左腕投手である。

 高いレベルで揉まれていた投手ということもあって、なかなか完成された投手であった。左オーバーから投げ込む直球は常時125キロ~130キロを計測。スライダー、カーブを内外角に散らせる投球で、初回を無失点に抑える。落ち着いて投げていて、試合をまとめる能力もある。投球フォームも、下半身主導の体重移動を行って、指先にしっかりと力を伝えられる完成度の高いフォームだ。1年生ながら、関東大会出場がかかる大事な準決勝を任されるだけの能力、精神力の強さを見せていた。

 対する水戸工後藤 凌太は左の本格派左腕。164センチとそれほど上背がある投手ではないのだが、ワインドアップからゆったりと始動し、右足を高々を上げていきながら、下半身主導の体重移動を行い、テイクバックは内回りの旋回から、打者寄りでリリースをする。連投による疲れもあったというが、立ち上がりは常時130キロ中盤・最速138キロを計測し、スライダー、カーブ、チェンジアップを散らして、立ち上がりは三者凡退に抑えた。

【次のページ】 常総学院vs水戸工(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第100回茨城大会の組み合わせが決定!選抜出場の明秀日立、春の王者・常総学院の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
明豊vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
横浜が2連勝!常総学院・土浦日大との試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
横浜vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!【大会展望・総括コラム】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs常総学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
常総学院vs関東学園大附【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第372回 流通経済大学 生田目 翼選手【後編】「『しなければならない』という気持ちが自分を変える」 【2016年インタビュー】
第371回 流通経済大学 生田目 翼選手【前編】「投手としての姿勢をもう一度見直した」 【2016年インタビュー】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】
水戸工 【高校別データ】
春季茨城県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

水戸工がんばってくださいしょう 2014.05.03
水工を応援して3年目です
徐々に上にいってる水工
常総に勝って関東きめてください!
常総戦は用事でいけないですが
決勝進んだら応援行こうと思ってます
水工ならできるとしんじてます
みんなが、応援しています
がんばってください
水戸工応援してます♪ゆうか 2014.05.02
不思議と人の心を惹きつける野球をする水工なら絶対勝てます!!ほんとに応援してます!頑張ってください!!(*^^*)

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る