2017年05月05日 明石トーカロ球場(明石公園第一野球場)

報徳学園vs育英

2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

報徳学園・篠原翔太、4打点の活躍でチームをけん引!育英を振り切り決勝進出!



本塁打を放った篠原翔太(報徳学園)

 報徳学園が自分たちのパターンに持ち込んで育英を破った。まず1回裏、1番永山 裕真(3年)が内野安打で出塁。一死一、三塁から4番篠原 翔太(3年)が右前適時打で安謝かあに1点を先制。なおも5番神頭の右前適時打で2対0に。さらに二死満塁で8番池上が走者一掃となる適時二塁打を打ち、一気に5点を先制する。準決勝まで中心軸として活躍した辻、そして野上を打ち崩して奪った5点は大きかった。

 そして2回裏には4番篠原の犠飛で6対0と点差を広げる。4回表、育英は1番馬場青空(3年)の適時打でチャンスを作り、一死満塁のチャンスを作り、3番宮田 稜平(3年)。宮田が振り抜いた打球はセンターへ大きなフライ。これが犠飛となり、1点を返す。しかし、4回裏、篠原が打った瞬間、本塁打と分かる当たり。レフトスタンドへ消える2ランで、8対2と点差を広げた。

 篠原 翔太は全国トップクラスのキャッチャーとしての能力をいかんなく発揮。選抜で魅せた巧みな右打ちで先制。今日の安打はこの先制打、2ランだけだけだが、凡退となった打席も、しっかりとボールを捉えてライナー性のフライ。篠原は構えてから、インパクトに入るまで無駄のないスイング軌道でボールを捉えることができて、さらに自分の打つポイントを理解しているので、コンタクト能力が非常に高い。この選抜からそういう打撃が続けることができており、篠原より打球を飛ばす捕手はいても、これほど安定感があり、常に勝負強い打撃ができるキャッチャーはいないだろう。さらに1.8秒~1.9秒台のスローイングを連発し、7回表にも盗塁を刺した。

 前半まで8得点が効いた。報徳学園は後半、8対4まで追い上げられるが、逃げ切りに成功。準決勝進出を決めたが、13安打を打たれ、さらに5回表には失策で1点、8回表には押し出し死球で1点を失うなど、内容の悪い点の取られ方であった。4失点で済んでよかったと思うぐらい先発の津高弘樹が9安打と打ち込まれ、2番手の西垣 雅矢も最速138キロ止まりと本調子ではなかった。

 疲れが見える中、連戦で決勝を迎える。決勝の相手は打線が上り調子の。試合運びも堅実なチームでかなり苦戦することが予想される。二季連続甲子園を狙う報徳学園にとって明日の決勝戦が一番の真価が問われる試合となることは間違いない。

 敗れた育英は、3番宮田は将来、楽しみなスラッガー。トップを深く取ってから、弧を大きく描いたスイング軌道から力強い打球を連発。甘く入れば十分にスタンドインできるパワーを秘めた打者である。

(文・写真=河嶋 宗一

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
チームをまとめた5常の徳とは?激戦区・東兵庫から甲子園を狙う滝川第二に迫る! 【ニュース - コラム】
第509回 個性派集団をまとめた五常の徳。激戦区・東兵庫を制し甲子園へ 滝川第二(兵庫)【野球部訪問】
【動画】東兵庫大会展望!報徳学園や滝川第二などの強豪集う激戦区を制するのは? 【ニュース - コラム】
第716回 東兵庫展望 滝川第二と報徳学園が同ブロック!4回戦が盛り上がりそう!【大会展望・総括コラム】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
前橋育英vs藤岡中央【群馬県 2018年春の大会 群馬県春季大会】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
明石商vs育英【兵庫県 2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会】
育英vs姫路工【兵庫県 2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会】
明石商vs報徳学園【兵庫県 2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
第569回 小園海斗(報徳学園) 「世界が認める高打率のショートストップへ」 【2017年インタビュー】
第561回 前田 大輝(市立尼崎ー日本体育大学)「選手と同じ立ち位置で、みんなの先頭に立って進んでいく」 【2017年インタビュー】
育英 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
春季高校野球兵庫県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

育英甲子園出場はいつになるの?大原 仁 2017.07.27
信じていますので、頑張って下さい。
育英育英  2017.05.05
育英勝て!頑張れ!

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る