2017年10月04日 札幌麻生球場

駒大苫小牧vs白樺学園

2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

駒大苫小牧がコールド発進!



1番セカンド大槻龍城主将(駒大苫小牧)

 駒大苫小牧は立ち上がりに白樺学園の三番・池田 魁内野手(2年)に本塁打を浴びて1点を先制されるが、その裏に三番・舞原 陽和内野手(2年)のスクイズで追いつくと、2回は九番・大西 海翔投手(2年)の2点タイムリーで勝ち越し。さらに一番・大槻 龍城内野手(2年)がスクイズを決めてリードを広げた。

 先発の大西投手は6回途中まで投げ、7安打を浴びたものの1失点。リリーフした鈴木 雄也投手(2年)も1安打に抑え、白樺学園に反撃を許さなかった。

 結局6回に1点、8回に3点を追加して7点差とし、8回コールドゲームで準々決勝進出を決めた。佐々木 孝介監督は、「投手を中心に守りが走者を出しても落ち着いていた」とゲームを振り返った。

 このゲームのポイントは1回裏だ。一番で主将の大槻が、右足に死球を受けた。一塁に向かい、プレイは通常どおり再開されるが、徐々に足の痛みが増した。「スネの少し上。肉のある部分と(直接)骨の部分の間くらい」と当たった場所を話す大槻。痛みに耐えられず、治療のため中断した。この場面、地域によっては臨時代走が出される場合もあるが、今回は頭部に当たったわけではないため、臨時代走ではなく、治療の時間がしっかり取られた。

 6分後にゲームは再開。一死となって、大槻が真骨頂を見せる。三番・舞原の初球で盗塁を決めたのだ。さらに1ボール2ストライクからの5球目が暴投となり三塁へ進むと、直後の同点スクイズへと繋がった。「痛いからと言って交代したくなかった」という大槻の盗塁。もし、臨時代走だったならば、こうはいかなかったかもしれない。そう思わせる主将のガッツだった。

(文・写真=松倉 雄太

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【神宮】写真追加!大阪桐蔭、明徳義塾がベスト4へ!大会2日目の2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
大阪桐蔭、明徳義塾が準決勝へ!【神宮大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第9回 駒大苫小牧高校(北海道・北海道地区代表)「取られたら取り返せ 強打で頂点を狙う!」【第48回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
駒大苫小牧vs旭川実【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
駒大苫小牧vs札幌日大【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
駒大苫小牧vs立命館慶祥【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
第17回 斎藤佑樹と田中将大が戦った、それぞれの春のセンバツ・甲子園を振り返る【センバツ2017】
第52回 白樺学園高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
第8回 2016年の人気記事ベスト5!面白くってタメになる!【コラム編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
札幌第一vs駒大苫小牧【北海道 2015年秋の大会 第68回秋季北海道高校野球大会】
第132回 東北楽天ゴールデンイーグルス 田中将大選手 【2013年インタビュー】
第93回 東芝 林 裕也選手 【2012年インタビュー】
駒大苫小牧 【高校別データ】
白樺学園 【高校別データ】
第70回 秋季北海道高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

北海道地域応援スポンサー

北海道の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る