2014年10月06日 札幌円山球場

函館大有斗vs北見北斗

2014年秋の大会 第67回秋季北海道高校野球大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

投手戦が崩れた5回裏!その後は・・・

函館大有斗・武井が逆転満塁本塁打を放つ

 3点を追う函館大有斗は7回、9番野田将来(2年)のタイムリー二塁打で1点を返す。さらに一死満塁として2番武井伽耶飛(1年)がライトスタンドへ満塁本塁打。このイニングで挙げた5点が、決勝点となった。

 「みんなが作ってくれたチャンス。自分は次のバッターの(3番・橋本)大成さんに繋げることを意識して打席に入りました。高校での公式戦本塁打は初めてです」と武井は思ってもみなかった一発に驚きを見せた。

 前半は投手戦だった。北見北斗のエース・塩川幹太(2年)は本格派タイプで、6回まではわずか1安打に抑えた。

 函館大有斗のエース・藤本 竜大(2年)は、フォームやグラブの使い方が田中 将大(ニューヨーク・ヤンキース)によく似ている。こちらも4回まで相手打線を1安打に抑えた。 そんな投手戦が崩れたのが5回裏。藤本は二死二、三塁のピンチを背負った。北見北斗は4番浅井 岳(2年)が打席に立つ。函館大有斗の片口伸之監督は、「あのバッター(浅井)が一番良いバッター。歩かせてもいい」というジェスチャーをしていたという。しかし3ボール1ストライクとなり、藤本はストライクを取りにいってしまった。その球を逃さなかった浅井がレフトスタンドへ3ランを放つ。

 「(歩かせてもいいというのは)頭ではわかっていたのですが」と唇を噛みしめた藤本。ひょっとすると、満塁にはしたくないという気持ちが勝ってしまったのかもしれない。

 ただ、この一発が投手戦の流れを変えて後半の打撃戦の流れを作った。特に火がついた函館大有斗打線は、北見北斗の二番手・立石竜大(2年)から、7回以降の3イニングで10安打を放っている。

 これが勝負の中で時折ある不思議である。   

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
駒大苫小牧、コールド勝利で代表決定戦へ!【秋季北海道大会地区予選・16日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
函館工、函館大有斗らが2回戦突破!【秋季北海道大会地区予選・13日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第92回 北海道函館工業高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
第22回 大きく、高校野球の歴史と意識を変えた駒大苫小牧の連覇(北海道)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第9回 北海道地区記者・石川 加奈子氏が選ぶ今年のベストゲームTOP5【各地区のドットコム記者が選ぶベストゲーム】
第198回 【第97回南北海道大会展望】東海大四を中心に、虎視眈々と優勝を狙う各校!【大会展望・総括コラム】
第27回 北海道北見北斗高等学校(北海道)【僕らの熱い夏2015】
東海大四vs函館大有斗【北海道 2013年秋の大会 第66回秋季北海道高校野球大会】
札幌大谷vs北見北斗【北海道 2013年秋の大会 第66回秋季北海道高校野球大会】
駒大苫小牧vs北見北斗【北海道 2012年秋の大会 第65回秋季北海道高校野球大会】
北見北斗 【高校別データ】
函館大有斗 【高校別データ】
第67回秋季北海道高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

函館大有斗がんばれ秘密 2014.10.05
打って、勝って。

応援メッセージを投稿する

北海道地域応援スポンサー

北海道の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る