MIZUNO BSS SHOP

店舗概要

店舗名
中央スポーツ【鹿児島】
住所
鹿児島市城南町10-3
電話番号
099-223-9811
URL
http://www.rakuten.co.jp/chuohsports/
中央スポーツ【鹿児島】
  • 店舗写真01
  • 店舗写真02
  • 店舗写真03
  • 店舗写真04
  • 店舗写真05
  • 店舗写真06
  • 店舗写真07
  • 店舗写真08
  • 店舗写真09
  • 店舗写真10
  • 店舗写真11
  • 店舗写真12

オススメポイント3

オススメポイント3

店舗紹介

創立40年が過ぎた中央スポーツは、新たな展開を目指し、これまで天文館の中央ビルにあった店舗を昨年11月に現在の城南町の店舗に移転し、心機一転再スタートを切った。

鹿児島市内も大型スポーツ店が進出してきたことから、店舗販売の品揃えだけでなく、専門店として、ここだけでしか手に入らない商品を置いたり、お客様への商品選びのアドバイスや修理など、中央スポーツだからこそできるサービスを実施している。そんな中央スポーツならではのサービスを目当てに連日、多くのお客様が来店している。

とくに、修理などのアフターケアも含めたサービスは、大型店にはないサービスだ。

グラブの型付けなどは他店で買ったグラブを持参するお客様もいるほど、中央スポーツへの信頼は厚い。スパイクも最近は金具が埋め込み式で靴底がウレタン製になっていて、P皮を付けようとすると技術が必要になってくるが、その辺りには、中央スポーツのスタッフたちは十分に対応できるという。

また、高校野球部へのサポートも特化し、小さな取引も含めて県内15~20チームがお得意様だ。鹿児島市内の学校なら週1、市外の学校なら月1ペースで回りながら、野球部員や指導者の要望を聞いて回る。もちろん、高校野球だけでなく、ソフトボールや中学野球の各チームとの繋がりも強い。

ちなみに、中央スポーツの野球フロアの店長の岩元光輝さん、中村由美子とも野球経験者だ。中村さんは鹿児島実でマネジャーをやっていたので、球児のお母様とは洗濯の話で盛り上がることも多い。経験者ならではのアドバイスや話題でお客様をおもてなししている。

野球用品には高価なものが多いが、その分、新しいグラブを手にはめたり、ユニフォームに袖を通すワクワク感もある。

「高いものを買っていただくからこそ、必ず買った値段以上の満足感を持ってもらえるような、商売を越えた付き合いができることを目指しています!今、野球人口の減少が著しいと言われています。

地域密着のスポーツ店として、私たちも『用具』という側面を通して、野球の楽しさを伝え、野球人口の底辺拡大につながるお手伝いをしていきたいです」そう話す中央スポーツのスタッフの皆さん。地域密着で愛され続ける中央スポーツだからこそのサービスをこれからも追及していく。

看板スタッフにインタビュー!!

鶴田友樹さん

鶴田友樹さん

高校卒業してからすぐ働き始めて早20年となるベテランスタッフ・鶴田友樹さん。鹿児島南野球部の出身で高校2年の夏には決勝まで勝ち進んだ。

この大会では9番・センターで出場。高校を卒業した後も、「野球に関わる仕事がしたい」と、この仕事に就いた。現役の頃はそこまで道具に対するこだわりはそこまでなかったと振り返るが、仕事を通じて道具の奥深さを知る日々だという。鶴田さんは、「グラブの構造を知るだけでも使い方が変わってきます。紐の締め方ひとつで使う感覚が変わってくることもあります。道具を通じて今の野球選手と接する機会があり、情報の発信源であることにやりがいを感じています」と笑顔で語った。

中央スポーツ【鹿児島】のイチ押し商品

「Vkong」

ミズノの新製品バット「Vkong」は硬い高品質の金属を使用し、軽いけれども反発係数が大きく、飛距離が出やすい。バランスも良くて扱いやすいバットだ。10年ほど前に金属バットの企画が900グラムに変わって最初に発売された「Vkong」はその後企画が変わっていないにも関わらず、売れ続けているバットだ!

MIZUNO BSS SHOP
  • BSSショップ
  • バイオギア
  • グラブレザーコレクション

ミズノベースボール公式Facebookページ