この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

「冬の成果を発揮する打撃法」

 4月に突入し、いよいよ夏の大会まであと3か月を切りました。最後の夏へ向けて燃えている球児に直撃インタビュー。彼らから熱い思いを語ってもらいました。

注目3年生球児が挑む最後の夏

  • 山本 龍之介(札幌日大)
    【4月1日公開】山本 龍之介(札幌日大)
    「3年計画最終年、才能開花の時」

     今年の北海道を代表する本格派右腕・山本龍之介。札幌日大の森本監督は中学時代の山本を見て、“プロに行ける才能だ”と感じたという。指揮官の目論み通り、山本はメキメキと成長を見せていった。山本から札幌日大に入学するきっかけ、またこれまでの過程、甲子園に行くために何が必要なのかを語ってもらった。(続きを読む)

  • オコエ 瑠偉(関東一)
    【4月5日公開】オコエ 瑠偉(関東一)【後編】
    「苦悩を乗り越え、ラストサマーは大爆発!」

     今年の東京都で最も期待されるオコエ 瑠偉。前編では彼が成長するきっかけから2年夏までの軌跡を描いた。だが3年間、右肩上がりで成長曲線を描くとは限らない。オコエは昨秋、初めて苦悩を味わうことになる。(続きを読む)


    オコエ 瑠偉(関東一)
    【4月4日公開】オコエ 瑠偉(関東一)【前編】
    「大ブレイクの背景」

     ナイジェリア人の父を持ち、ずば抜けた身体能力を武器に走攻守三拍子揃ったパフォーマンスを披露するオコエ瑠偉。そんなオコエがデビューしたのが、2年春だった。瞬く間にオコエは活躍を見せたが、デビューするまでの1年間、どんな下積みがあったのか語られていない。1年時の取り組みと、この冬、課題を乗り越えるためにどんな取り組みを行ってきたのか。そしてこの夏にかける思いを伺った。(続きを読む)

  • 竹村 陸(神戸国際大附)
    【4月7日公開】竹村 陸(神戸国際大附)
    「勝負強い男になって再び夏の甲子園へ」

     昨年、レギュラーとして甲子園に出場するものの、初戦敗退。2年秋も県大会優勝でするも近畿大会初戦敗退で、二季連続甲子園出場を逃した。夏まで三塁手だったが、秋から投手を務め、投打でチームを引っ張る存在となった。再び甲子園にいくために、竹村はどんな思いで1日1日を過ごしているのだろうか。(続きを読む)

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ