この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

「冬の成果を発揮する打撃法」

 守備力が重視される秋から、一冬越えて、実践が近づくにつれて打撃力も求められるようになる。多くの学校が、春季大会に向けて、パワーアップした打撃を発揮したいはず。そこで、オフのトレーニングで鍛えた力を最大限に発揮する『打撃技術』を伝授。今回、高校野球ドットコムでは、打撃が評判のチーム、また打撃が最大のウリの選手もインタビュー!彼らの手法を学び、春の大会につなげていこう!

強打のチームから学ぶ!

急成長したスラッガーから学ぶ

強打のトップバッター・仁志敏久から学ぶ

  • 仁志敏久
    【3月1日公開】強打のトップバッター・仁志敏久から学ぶ打撃技術論

     現役時代、2004年に28本塁打を放ち、一番打者ながら20本塁打以上を3回も記録した強打のトップバッターとして活躍した仁志敏久氏。仁志氏が打撃の基本と応用を語る動画を、編集部がピックアップ!打撃について悩んでいる球児は、動画で基本を見直し、対外試合解禁へ向けて準備を行っていこう。
    (続きを読む)

特別コラム

第87回選抜高校野球 特設ページ
2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ