この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

高校野球シーズンがいよいよ開幕!今回は、投手の球児のみなさんに、『実践で勝てる投手になる術』をお届けします。アマチュア野球のトップ“社会人野球”の世界で、高い成績を残す投手のピッチング理論や配球戦術、土肥義弘氏の勝てる投手育成講座。さらに、人気記事から、NPB選手たちのインタビューもピックアップ!

  • 【4月8日公開】濱野 雅慎投手
    (神戸西高-国士舘大-JR九州)
    調子が悪い時のセルフコントロールに磨きをかける最速146キロの真っ直ぐに、鋭く曲がるスライダーを武器に、右サイド投手として全国の舞台で活躍中。今回は、そんな濱野投手に、テンポ良く投げるために大事にしていること。調子が悪い時、どう勝ちにつなげる投球をしているかなど伺いました!
  • 【4月25日公開】佐竹 功年投手
    (土庄高-早稲田大-トヨタ自動車)
    マウンドを制する術高校時代、ノーヒット・ノーランを達成した佐竹投手。その後、早稲田大では最速150キロをマーク。現在は、強豪・トヨタ自動車で活躍する佐竹投手に、マウンド上での大切な心構えを伝授していただきました。マウンドの傾斜が合わない時の対処法や、コントロールとメンタルの関係性など、深く幅広くお話ししていただきました。

  • 【毎週金曜日公開】土肥義弘のケガをしない!
    勝てる投手育成講座
    春日部共栄高校を卒業後、プリンスホテルに入社。1998年に西武ライオンズや横浜ベイスターズなどで、活躍を残してきた土肥義弘氏。毎週金曜日、高校野球ドットコムでは、土肥投手の投手育成講座の解説動画を配信中。正しいトップの位置、立つ動作、正しい踏み出し方などを細かく説明しています。
土肥義弘の怪我をしない勝てる投手育成講座

  • 【新製品情報】【ミズノ 投手専用スパイク】
    「グローバルエリート PM」
    2014年3月27日発売 軸足が安定しやすい!投球の安定感につながるフラットなソール設計や、蹴り出し時の力をサポートしたスパイク歯の配置。さらに、下半身の力がボールに伝わりやすくなった靴底(ソール)の反発性など、投手に嬉しい機能満載のスパイクが登場!

ピックアップ

このページのトップへ