この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
【5月特集】「プレッシャーを掛けられるチームになる」
夏の大会まであと2ヶ月!勝つためには相手チームにプレッシャーをかけられる戦術も大事となります。5月特集ではプレッシャーをかけられるチームになるための手法を学びます。

野球部訪問

  • coming soon
    健大高崎(群馬)【vol.1】
    健大高崎(群馬)【vol.2】

    プレッシャーをかけるチームといえば健大高崎。ただ盗塁を多く仕掛けるだけではなく、相手の心理をついた走塁、トリックプレーを仕掛けて、崩していく戦術は、全国の多くの学校を驚かせている。今回はそのメソッドをたっぷりと教えていただきました。

  • coming soon
    【5月公開】至学館(愛知)

    今春、選抜初出場を果たした至学館。至学館のスローガンは「思考破壊」。相手の思考を破壊するためにさまざまな戦略があります。その「思考破壊」の原点に迫るべく至学館の練習を訪問しました。

  • coming soon
    【5月公開】秀岳館(熊本)

    三季連続の甲子園ベスト4の秀岳館。隙の無い試合運び、パワー、スピードを兼ね備えた野球はまさに横綱野球そのもの。今回は自分たちのペースで試合運びができるために、相手チームにどんなプレッシャーをかけてゲームメイクをしているのかをうかがいました。

    • coming soon
      【5月公開】盛岡大附(岩手)

      打撃でプレッシャーをかけるチームといえば、盛岡大附。ビハインドになっても、後半に盛り返す盛岡大附の打撃は、全国のライバルたちの脅威となっています。今回は盛岡大附の打撃論に迫りつつ、逆境に強くなるためのメンタリティについても探っていきました。

    • このページのトップへ