2017年09月10日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

松山中央vs小田

2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

松山中央、毎回21得点で示した小田への「リスペクト」



5回表松山中央この日3安打目となる左中間三塁打を放った9番・仙波 拓夢(2年・二塁手)

 試合開始直前の三塁側・愛媛小田ベンチ前。藤澤 伸治監督は数球のボールを持って三塁手兼投手の水口 暁人(1年・165センチ55キロ・内子町立小田中出身)を呼び寄せた。始まったのはゴロ捕球の練習。寸暇を惜しんで少しでもうまくなろうとする姿勢は、高校野球の原点を感じさせるものである。

 事実、この試合では19安打を喫した一方で愛媛小田の失策は「1」のみ。1番の大鍋 勘太(1年・一塁手兼投手・167センチ53キロ・左投左打・内子町立小田中出身)がマルチ安打を放ち、1盗塁を奪うといった個人的成果もあった。春を迎えるまで選手わずか10人の闘いが続く愛媛小田ではあるが、これまで同様、真摯に野球と向き合い、この試合で得たことを活かせば、さらなる成長が必ず得られることだろう。

 逆に松山中央はこの愛媛小田を最大限リスペクトしたことが、毎回の19安打21得点につながった。ベンチ入り20選手中18選手を使って試合経験を積ませつつ、どんなに得点を奪っても形を崩さず、雑になることも一切なく先発は全員出塁。5人送り込んだ代打も2安打1四球を高い成功率を残した。

 打撃力では強豪校と伍しても十分通用する田村 渉(2年・捕手・177センチ80キロ・右投右打・松山市立勝山中出身)が4番・主将に座るなど軸はしっかりしているだけに、次戦の代表決定戦・伊予vs内子の勝者との戦いでどのような内容を見せるかに注目が集まる。

(レポート=寺下 友徳

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【愛媛】済美、松山中央、北条らが県大会へ!3試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
松山中央vs内子【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
代表出揃う!済美らが県大会へ【秋季愛媛県大会・20日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
松山中央vs今治西【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
神戸国際大附vs尼崎小田【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
聖カタリナvs小田【愛媛県 2016年夏の大会 第98回選手権愛媛大会】
神戸国際大附vs尼崎小田【兵庫県 2015年夏の大会 第97回選手権兵庫大会】
第3回 第96回全国高等学校野球選手権愛媛大会 展望【愛媛県の大会展望・総括コラム】
小田 【高校別データ】
松山中央 【高校別データ】
平成29年度 秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】
平成29年度 秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 中予地区 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る