第4回 日本最速ランナーを育てた 高野進コーチによる走り方講座2013年05月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
Player's Voice

 今回は陸上界のスペシャリスト・高野進コーチからお話を伺いました。高野コーチは陸上400mでオリンピックに三度出場した日本を代表するランナーです。現在は東海大学で教授を務め、末續慎吾選手など日本を代表するランナーを育成しています。
 そんな高野コーチから「短距離走の基本動作を野球に応用する」をテーマに走り方の基本からドリル、そして一流選手の考え方について解説して頂きました。

ごあいさつ/走り方の基本


身体の中心部を意識しよう
足で走るというイメージを持ちがちだが大転子、膝、大腰筋、腸腰筋といった
身体の中心部を意識して走るようにしよう。
そのときに肘から先、膝から先が力まないように注意しよう。

4・1ランの基本を覚えよう


くるぶしは支持脚の横に!
くるぶしが支持脚の横にあるとき、脚の引き上げと地面の押し出しが上手くいく。
支持脚の前後にいかないように注意しよう!

【次のページ】 明日から取り入れたいランニングドリル

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

眞玉橋 元博
高野 進(たかの すすむ)
  • 生年月日:1961年5月21日生まれ
  • 出身地:静岡県富士宮市
  • 東海大学体育学部 教授
    東海大学陸上競技部 監督
    特定非営利活動法人 日本ランニング振興機構 理事長
    日本スプリント学会 会長
  • 陸上400m日本記録保持者 44秒78
  •  陸上400m走にてロサンゼルス・ソウル・バルセロナと三回のオリンピックに出場。92年バルセロナオリンピックでは60年ぶりに陸上短距離で決勝進出という偉業を成し遂げた。現在は大学教員と東海大学陸上競技部短距離 監督としても活躍中。
     大学では基礎身体運動演習・スポーツ科学論等の授業を通じて、学生に走ることの奥深さ・素晴らしさを教えている。もう一方では、今までの経験と研究を生かし、独自の走理論とトレーニング方法を確立、愛弟子達と世界最速を追求するとともに、日本陸上界全般の競技力向上を目指し、後進の指導にあたっている。
  • プロフィール

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム