遠藤友彦の人間力!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第15回 集中力の高め方2014年03月03日

【目次】
[1]成果を出すための3つの流れ
[2]意識して出来なければ技術不足/相手の目線で考える

 試合中、選手から「集中しよう」指導者から「集中していけ」という言葉が飛び交います。集中という言葉が試合中に出るときは負けているときが多いのですが、ここから試合を盛り返し逆転するまではかなり難しいでしょう。

 普段の練習でも、だらけてきたときに指導者は「集中しなさい」と言いますが、なかなか思い描くような動きに選手はなってくれません。

 なぜ、「集中」という言葉を使ってプラスの方向に行かないのでしょうか。私が秘密塾という指導者向けの講座を全国で実施していますが、参加される指導者の方々に必ず「集中」と「意識」の話をします。チーム指導を行うときに選手にも同じように話します。試合に勝つためにはかなり重要なことなのです。

何に集中するのか

ボールを一つずつ乗せて集中力を鍛えるトレーニング

 集中は【主語】がないとプラスの方向に絶対にいかないのです。冷静に考えると当たり前のことですが、野球の世界は抽象的な言葉をよく使います。言葉は分かりますが、抽象的過ぎて選手は動けないのです。

 私は、集中を「意識」という言葉に置き換えます。選手は、試合中・練習中「何を」意識するのかが重要なのです。

 野球は「事が起きてから」反省しても試合はもう負けています。大抵は、終わってから「こうすればよかった」「ああしておけば」と思うものです。プロ野球みたいに「次」があればいいのですが、アマチュア野球は「負ければ終わり」の厳しいトーナメントです。

成果を出すための3つの流れ

(写真:酒田南 三浦颯大選手)

 事が起きる前に、防げるマイナスの種を摘まないといけないのです。ここまでは何となく理解されたでしょうか。事が起きる前に「何か」を意識しながら野球をすると成果が出やすいのですが、この「何か」がほとんどの野球選手・指導者が間違っているのです。

 能力があっても発揮できない選手、準備万端でコンディションを整えたのにも関わらず、試合での意識の仕方が悪くて勝利に近づいていかないチーム。能力が劣っていてもチームを勝利に導くのが私の十八番、集中の仕方(意識の仕方)で弱者が強者に勝ったりできるのが野球です。今回は、秘密塾で公開しているものを一部抜粋していきましょう。

 試合になると選手は、何を頭の中で描いているのでしょうか。99%の選手は【結果】です。最終回0対1で負けていて二死満塁の場面、打席に入っている選手は「絶対にランナーを帰す」「タイムリーで逆転勝ち」を考えます。

 結果を考えると「できなかったら」の不安がよぎり、身体が思うように動きません。心と身体が一対になっているので無理もありません。普段は簡単に打てる球もミスショットします。成果の出す流れは3つあります。

(1)球種を読む
(2)ボールを見極められる形を意識する
(3)思い切り(積極性)

この3つが揃ったときに結果が生まれます。

 野球選手が最終的に戦う相手は【結果思考】という魔物です。結果を描けば「結果的に結果が出ない」流れになります。選手は結果を意識するあまり、考えるべきこと((1)~(3))を考えられないのです。

 私が携わったチームで昨年(平成25年春)甲子園ベスト4まで進出した高知高校で取り組んだことを紹介しましょう。

 試合数日前の練習で、バントを全員でやっていました。練習中ミスを繰り返す中で、選手から「しっかり」という声が飛びます。残念ながらこれは「事が起こった後の言葉」です。野球は終わった後に何か言ってもダメなのです。大事なのは、事が起こる前にミスを防がないといけないのです。選手とのミーティングの中で、次のような言葉を投げ掛けました。

「バントを成功するために必要なことは何か。ストライクゾーン高めにバットを構え、バットの後ろから覗き込むように力を抜いて待つ。自分がイメージしているストライクゾーンが来れば、軸足を引きながら柔らかく合わせる。全員が知っていることだが、選手は”その時になれば”絶対に頭から意識事項が飛んでしまう。じゃ、どうする!?」

 終わってからこうすればいいと指摘し合っても試合は終わっています。高知高校の春の甲子園では「言葉の仕組みづくり」を裏でしていたのです。試合に出ている当人が意識できなくなるのだから、事が起こる前に「●●を意識しよう」「●●に集中しよう」という【動作】の言葉を周囲が飛ばします。すると、緊張のあまり忘れていた選手が、事が起きる前に思い出し打席内で意識できるようになります。

このページのトップへ

【次のページ】 成果を出すための3つの流れ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第132回 集中力について考える【セルフコンディショニングのススメ】
第1回 林成之教授の勝てる脳の作り方【林 成之教授の勝てる脳の作り方】
第25回 夏場の集中力【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

遠藤 友彦
遠藤 友彦(えんどう ともひこ)
  • 有限会社ゴーアヘッドジャパン(GAJ)代表取締役
  • ウガンダ国際交流実行委員会 会長
  • 札幌清田高校 ~ NTT北海道 ~ 有限会社ゴーアヘッドジャパン
  • 公立高校より社会人野球「NTT北海道」へ進み、16年間現役生活を送る。
    捕手として北海道ベストナインを3度受賞。都市対抗では、4年連続初戦本塁打の偉業を達成する。
    NTT北海道50年の歴史で、通算打率3割4分1厘は歴代4位の成績。
  • 引退後、平成17年春に自ら起業『ゴーアヘッドジャパン』を設立。
    野球塾を中心に、子どもの講座や、本氣塾、秘密塾などの大人向けの講座などを全国で展開している。
  • 北海道の野球の歴史を変えた、平成16年の駒大苫小牧高校野球部全国制覇の陰の立役者としても有名。「駒苫の知恵袋」として活躍した。
    弱者の戦いで、強者に立ち向かうメンタルの魔術師。
  • 講演活動も積極的に行い、年間200講演や社員教育を全国的に実施している。
    企業・異業種・教育関係・PTA・スポーツ関係など多岐に渡る。
  • 2008年1月に北海道で行われたウガンダ・北海道の国際交流事業を手がけ、ウガンダの少年を北海道に招待し、大規模な国際交流を成功させた。
    百年後の日本の未来を考え、志高い方々とともに活動している。
  • ■ 著書「考える野球」「日本を救う!当たり前基準」「鷲谷修也の挑戦
    通称「エントモ」と呼ばれている。
    ■ 座右の銘は、『流汗悟道』
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム