読書のすすめ

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第35回 野球ノートに書いた甲子園4 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ2016年09月13日

■ Amazon.co.jpで購入する
■ 楽天ブックスで購入する
■ セブンネットショッピング

書評

野球ノートに書いた甲子園4 高校野球ドットコム編集部

 高校野球の選手たちが「野球ノート」を通して成長する姿を取材した書籍「野球ノートに書いた甲子園」はついに4作目を迎え、累計販売数は15万部を突破するという人気シリーズとなりました。今回は日大鶴ヶ丘高校、いなべ総合高校、高松商業高校、東海大甲府高校、そして仙台育英高校の5校が登場します。書くことで考える力を養い、指導者やチームメイトとの対面でのコミュニケーションを補い、さらには過去の自分の足跡をたどることができるというこの野球ノートは、それこそノートと鉛筆さえあれば誰でも取り組めるものであり、その身近さが人気シリーズへと成長した一因ではないかと思います。

 高松商業高校では2014年に監督となった長尾 健司さんが野球ノートへの取り組みを提案し始めたといいます。「僕が高松商の監督に就任した当初、選手たちは『はいはい』しか言わない。監督交代で三年生には不満もあっただろうし、二年生が何を考えているかも分りたい。そう思って『なんでもいいから書け』と言って始めたんです」(P81より引用)。

 今までのやり方をガラリと変えると当然反発も起こります。最初はその不満がノートにあふれることもあったといいますが、書かれた内容に目を向け、それを受け止めて返信を書き続ける長尾監督とのコミュニケーションは、次第に選手たちを「自ら考え、行動する選手」へと成長させていきました。そして自分のことだけではなくチームとしてどうあるべきかを考えられるようになることが、チームスポーツとしてはとても大切なこと。こうした選手たちの心の成長は野球ノートを通じて培われたものであると改めて思いました。

 また甲子園常連校としても知られる仙台育英高校では「真っ白なノート」に思いついたことや、気づいたことを書くというスタイルを取っています。何も決められていない、どのような形式にもとらわれない、自分だけの野球ノートにただ書くということを続けていく。監督の佐々木 順一朗さんの言葉を借りると「自由に書かせることで、ノートに個性が浮き出てくる」(P154より引用)。

 部員数が多いからこそこの野球ノートを活用し、コミュニケーションのみならず選手一人一人の思いや行動、性格に至るまで把握しやすくなったといいます。そして真っ白なノートに綴られる選手たちのノートはとても個性的です。文字だけではなく実際のノートをいくつか写真で見ることができるので、そのオリジナリティあふれる内容にも感心してしまいます。

 野球ノートへの取り組み方はチームによって千差万別です。ルールがあったり、フォーマットがあったりするところもあれば、義務的な要素を一切とりのぞいて自由に書かせるところもあります。その中でも共通していえることは「続けていく・習慣化する」ということではないでしょうか。イチロー選手は「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」という言葉を残していますが、野球ノートを書き続けるという一つの習慣を積み重ねていくことが、とんでもないところへ行く切符になるのであれば、ぜひ実践してみたいですよね。

(書評:西村 典子

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第77回 仙台育英(宮城)編「平沢大河、西巻賢二など好選手を輩出する仙台育英のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第10回 仙台育英高等学校(宮城)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第121回 今夏の甲子園大会で印象に残った試合とは??【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第581回 勝又 温史(日大鶴ヶ丘)「2018年度東京都最速右腕現る!目標は打倒・早実」 【2017年インタビュー】
早稲田実業vs日大鶴ヶ丘【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
広陵vs仙台育英【第99回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs大阪桐蔭【第99回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs日本文理【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第490回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「侍ジャパンの経験も糧に、慶應義塾で『丘の上』のその先へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第489回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「好投手たちと共に登った『成長の階段』」【前編】 【2017年インタビュー】
第457回 履正社打線が東北No.1左腕・長谷川拓帆に与えた課題 【2016年インタビュー】
第379回 東海大学付属甲府高等学校 菊地 大輝投手「努力した姿を結果で証明したい」 【2016年インタビュー】
いなべ総合 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム