僕らの熱い夏

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第66回 【三年生座談会】沖縄県立浦添商業高等学校(沖縄)2012年09月08日

【目次】
[1] 夢の甲子園での思い出
[2] 激戦の県大会を振り返って
[3] 浦添商での三年間の思い出と後輩たちへ




▲左から 内間滝介(背番号6)、宮里泰悠(背番号1)、照屋光(背番号10)、當眞寿斗(背番号4)

 去った第94回全国高校野球選手権沖縄県大会で4年振り4度目の優勝を飾った浦添商業高等学校。約1年前に新人中央大会で優勝したものの、その後秋季では糸満に屈し準決勝敗退、年が明けた春季では沖縄水産に完封負けを喫しベスト8で終わってしまったが、夏2回戦で興南戦を劇的なサヨナラ勝ちで収めると一気に頂点へと上り詰めた。その勢いは甲子園でも衰えず、高校BIG3の一人である愛工大名電濱田 達郎の立ち上がりを攻め崩し見事勝利するとベスト16入りを果たした。
そのメンバーで共に沖縄市で生まれ育った4人をFMコザに迎え、ブースの中で色々な話を伺った。

◎座談会メンバー
内間滝介:背番号6 沖縄東中学校出身。主将としてチームをまとめ、守備では要のショートとしていぶし銀の活躍をした。
宮里 泰悠:背番号1 コザ中学校出身。気迫のこもったピッチングが信条のエース。愛工大名電濱田 達郎から先制のホームランも放った。
照屋 光:背番号10 コザ中学校出身。沖縄県大会で最速151kmをマークしたオキナワンエクスプレス。桐光学園松井 裕樹から唯一のホームランを放った。
當眞寿斗:背番号4 沖縄東中学校出身。小学校からの付き合いである内間と二遊間を組む。甲子園でランニングホームランを記録した。
當銘正一氏→沖縄県学童軟式野球中部北支部支部長と、学童チーム暁の監督を兼ねる。FMコザ番組のヒッティングチャンスではパーソナリティを務めている。

甲子園から帰ってきて落ち着きましたか

内間滝介

内間 自分たちが夢見ていたことが終わって、一安心というかホッとはしています。

宮里 でも国体(ぎふ清流国体)もあるのでまだ気は抜けないなという感じです。

――皆さん顔を覚えられていると思いますが、方々から手を振られたりして大変じゃないですか。

宮里 歩いているときに向こうが立ち止まってジロジロ見られたりとか(苦笑)声を掛けられたりして嬉しいというのもあります。

照屋 自分も同じで、通りすがりに「 あっ!照屋だ! 」みたいな感じで(苦笑)少し恥ずかしいなというのもあります。

當眞 自分は誇りに思えますね。

――その憧れの甲子園でホームランを記録した3人がここに居るというのも凄いですね。

當眞 打ったあとにセンター前だ!というのは思っていたのですけど、抜けたときにはもうホームを狙っていました。

宮里 自分のバッティングはいつも引っ張り。(濱田 達郎から打った)右中間に打ったホームランは初めてです。良く飛んでくれたなと思います。

照屋 奪三振王の松井君からでしたが、他の良いバッターがどんどん三振していたのですけど、自分は三振だけはしたくないなと思いながらあの打席に入りました。当てることを第一に考えてて。たまたま甘いところにボールが来てくれて。ドンピシャだったのが良かったと思います。いつもの感覚と違ってて打った瞬間いったなと思いました。

内間 "一人置いてけぼりに"、僕はバッティングそんなに良くないので(苦笑)甲子園ではヒット何本か打てればいいかなという思いでした。

――1回戦が第一試合でしたが何時に寝ましたか。

内間 8時です。起床が3時半でした。

宮里 ベッドに入ったのですけど(余りにも早くて)眠れなくて(苦笑)。キャッチャーの伊良波と同部屋だったので、愛工大名電の打者のこととか話してて。9時半頃には寝てました。

當眞 寝ようとしたのですけど、照屋にちょっかい出されて寝れませんでした(笑)

照屋 どうせみんな8時には寝れないだろうなと(笑)他の人の部屋を回りながらちょっかい出して楽しんでました。

内間 練習でも照屋とかが笑いを取ろうとふざけてしまうので、キャプテンとしてそういう面白いところに流されないようにと心掛けてました。

照屋光

――照屋君はそういうキャラだったのですね。笑いを取るということでは、伝令役の阿嘉君が愛工大名電戦で出てきました。

宮里 ピンチだったので阿嘉を見ている余裕は無かったのですけど、スタンドが沸いたので見たら転んでてポーズを取っていたので、やってくれたなという感じでした。

當眞 県大会から面白いものを持ってきては笑わせてくれていたので。でも甲子園のアレは期待を遥かに超えてました(笑)

内間 自分たちのアルプスは騒いでいたのですが、相手の方はシーンとしていたのでこれは問題になるかなと思いました。やっぱりその後球審から相手チームもいるので気を遣ってと言われました。

照屋 今夜の"熱闘甲子園"に出てくるだろうなと(笑)センターの利修(大城)と話してました。

――その愛工大名電と当たることになった抽選会場ではどうでしたか。

内間 予備抽選で48番。残ったのが愛工大名電と開幕試合の二つ(苦笑)。

宮里 甲子園来たからには強いところとやりたいなと。抽選後は伊良波と愛工大名電のDVDを見て研究して。相手の名前を憶えるくらい見てました。

内間 抽選後はみんなからマイナスの言葉とか全然なくて。逆に楽しそうでした。

――思い出が尽きない甲子園ですが、その中でもどの場面が一番印象に残ってますか。

内間 自分は滝川ニ高戦。一塁に喜瀬(2年)が居てエンドランを決めたのに喜瀬がセカンドでアウトになって。宿舎に帰って喜瀬をイジってました(笑)

宮里 桐光学園戦。先頭打者にホームランを打たれた場面。打つのは嬉しいけど、打たれるのはすごく悔しいので。あっちに投げていなければなと。。失投でした。

照屋 バッティングでは桐光学園松井君からのホームラン。ピッチングでは愛工大名電戦で泰悠の代わりにマウンドに上がって。その回のピンチは抑えられたのですけど、次の回から自分が大暴れしちゃって。自分がライトからマウンドへ行くときに泰悠に「 ゴメン 」て言われて「 あとは任せろ! 」って言ったのに、まさか再び泰悠に任せる(負わせる)ことになるとは思ってなくて。監督さんやチームの期待を裏切ってしまったなと思います。

當眞 1回戦の内間の暴投ですね。目に何か入ったみたいで周りが良く見えないまま投げて。審判が僕らに見えて投げたみたいです(笑)

内間 投げたあとに「 あっ!審判だ! 」と(苦笑)焦ったんですけど、終わったあとはしょうがないなと。

――良い場面だけじゃなくて、苦い場面など色々な場面が印象に残っているのですね。苦いといえば桐光学園・松井裕樹君。彼に関してはどうでしたか。

内間 スライダーが速くて。真っ直ぐも速いのですけど、どっちに対応したらいいか分からなくて迷ってしまいました。

宮里 試合前は絶対三振しないぞ!という気持ちでいたのですけど、ど真ん中に来て振ったら内角に入ってきて。バットも止まらず振ってしまってました。

照屋 自分は三振していないのですが、スライダーにビックリして。試合前にチームでは、腰から下はたとえストライクでも見逃せということでした。高目から(普通なら)真ん中にくるかなと思ってもバウンドするくらいの低目に来て。キレも凄くて振らされていたところはありますね。

當眞 右バッターでもダメなので(僕のような)左バッターでは打つのは無理です(苦笑)。

宮里泰悠

――やはり凄い投手なのですね。宮里君に質問です。投げるたびに落ちていましたが、帽子がのサイズは大きめなのでしょうか。

宮里 小さいです。ズレて落ちるようになったのは(浦添商入学後の)1年生のときからです。直そうとしたのですが直らなくて。サイズをひとつ下げたけど無理で。甲子園行く前に、もうひとサイズ下げてもやっぱり飛ぶのでしょうがないかなと。深く被っているのですけどね。自分でも(何故落ちるのか)分かりません。

――躍動感が宮里君の持ち味でもありますからね。そうそ、来る9月30日から岐阜県で国体がありますが、何処とやってみたいですか。

全員 大阪桐蔭です!
※残念ながらその後抽選結果で大阪桐蔭ー青森光星学院の対戦が決まった。果たして彼らは藤浪君に挑戦出来るだろうか!?

【次のページ】 激戦の県大会を振り返って

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
浦添商vs知念【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
第1回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【浦添商・中部商編】【球児の青春コトダマ】
浦添商vs美里【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
知念vs浦添商【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第423回 【沖縄展望】秋の沖縄をリードする学校は?群雄割拠の沖縄 いよいよ幕開け!【大会展望・総括コラム】
与勝vs浦添商【沖縄県 2015年秋の大会 第65回沖縄県高等学校野球秋季大会】
浦添商vs宜野座【沖縄県 2015年 第42回沖縄県高校野球新人中央大会】
浦添商 【高校別データ】

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム