第25回 東海大北海道【前編】限られた時間の中で才能を開花させたドラフト候補・水野滉也2016年08月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
東海大北海道

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]ドラフト候補・水野滉也投手を成長させたトレーニング法
[2]水野投手が実践するウエイトトレーニング法・ポイントを紹介!

 他人と同じことをしていては、レギュラーは奪えない。みんなと同じチーム練習だけをやっていたのでは、自分のレベルアップも図れない。そこで重要になってくるのが個人練習。自らの弱点を補い、長所を伸ばすための個人練習の質と量が、そのカギを握る。

 東海大北海道では、準硬式野球部、東海大札幌高とグラウンドを共有しているため、練習時間の制約があるにもかかわらず、今春の全日本大学選手権ではベスト8入り。選手たちが限られた時間をいかに有効利用しているのかを投手の2本柱である水野 滉也(4年・札幌日大)、山根 大幸(4年・花巻東)、さらには1年から4番を任されてきた伊藤 諄(4年・東海大四)の3人に聞いてみた。

ドラフト候補・水野滉也投手を成長させたトレーニング法

水野 滉也選手(東海大北海道)

≪水野 滉也≫

 東海大北海道のシーズン中の主な1週間の練習の流れは、高校と時間を調整しながら月、火曜日のいずれかにオフを入れ、水曜日は午前8時30分から12時、木曜日が午後6時から午後8時30分、金曜日は午後4時から8時30分までがグラウンドを使用できる時間となる。土、日曜日は自校のグラウンドか、相手の方に出向いてのオープン戦が組まれることが多い。そんな限られた練習時間の中で、水野は1年春からマウンドに立ち、いきなり3勝(1敗)をマークして新人賞に輝いた。

 その後も順調に成長していったが、3年になってスランプに陥った。「はっきり言って1、2年の頃は練習していませんでしたね。ただ、決められたメニューをこなしていくだけでした」というツケが球速、コントロール、変化球のキレなどすべてに現れた。

 3年春のリーグ戦では、先発わずか1試合。チームに連れて行ってもらった大学選手権では、2回戦の早大戦に先発したが、2回0/3、5安打2四球2失点でKOされ、チームは0対12で5回コールド負けを喫した。「マウンドに立ってみないと、調子がどうなのか分からない状態でした。さすがにこのままじゃダメだと…」と、取り組み始めたのがウエイトトレーニング。ただやみくもに筋力をつけるのではなく、自分の体を思い通りに動かすために、1つひとつのトレーニングの意味をしっかりと理解した上で、ブレない体幹を目指し鍛え上げてきた。

このページのトップへ

【次のページ】 水野投手が実践するウエイトトレーニング法・ポイントを紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1回 エンゼルス入団の大谷翔平、輝かしいキャリアを振り返る【一流選手の軌跡】
聖光学院vs花巻東【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
花巻東vs日大山形【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
駒大苫小牧vs札幌日大【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
札幌日大vs旭川龍谷【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
第71回 盛岡大附属(岩手)編「2017年に春夏甲子園ベスト8の快挙を果たした盛岡大附属のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第18回 『怪物の直接対決』大谷翔平(花巻東)vs 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)2012年センバツ1回戦の投げ合いを語り尽くす!【センバツ2017】
第54回 市立滝川西高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
角館vs花巻東【2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第412回 2015年U-18代表の現在地 高いレベルでもがく投手陣 高いレベルでも活躍する野手陣【大会展望・総括コラム】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
第329回 埼玉西武ライオンズ 菊池 雄星投手 「剛腕左腕復活の1年」 【2015年インタビュー】
第287回 札幌日本大学高等学校 山本 龍之介投手「3年計画最終年 才能開花の時」 【2015年インタビュー】
札幌日大 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】

プロフィール

京田 剛
京田 剛
  • ■生年月日 1967年5月16日
  • ■出身地 大阪府
  • ■経歴 奈良県立郡山高校―龍谷大学
  • ■小2から野球を始め、高校時代は捕手。大学では4年間マネジャーで、4年の時は関西六大学野球連盟学生委員長。
  • ■大学卒業後は報知新聞大阪本社でプロ野球、アマ野球を中心に取材。2004年からは大阪学院大学で2年間、硬式野球部の監督を務める。その後は北海道の道新スポーツで約5年、野球を取材。
  • ■2015年にはり師、きゅう師免許を取得し、現在は「スポーツ鍼灸 はり悟空」を経営。鍼灸師としてスポーツ選手を中心に治療に従事する傍ら、スポーツライターとして執筆活動もしている。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム