第22回 國學院大学【後編】「自律とは日常生活での自分との勝負」2016年01月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
國學院大学

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]「自律」とは日常生活での自分との勝負
[2]大学野球を通じて「投資」を「還元」できる人間になる

大学野球を通じて「投資」を「還元」できる人間になる

練習風景(國學院大学)

 大学野球には、高校野球にはないものがある。その1つが「時間」だ。鳥山監督は「高校野球よりも1年数か月多いですからね。自分で気付いて、自分で成長していく時間があるのが大学野球だと思います」と話す。

 その傍ら、大学野球は、親に経済的な負担をかけてしまうところもある。
「高校を卒業してすぐに就職したら、仮に年収250万として4年間で1千万円稼げます。しかし大学で野球をしようと思えば、4年間で学費と合わせて1千万かかる。つまり、大学で野球をする、ということは、親御さんに2千万円分の“投資”をしてもらっているわけです」

 だからこそ、半端なことはできない。鳥山監督は節目々々で「君たちは親御さんの仕送りがいかに大変かわかっているのか?君たちの取り組みに2千万の価値があるのか?」と選手たちに問いかけるという。

 金銭的な負担に加え、大学には全国から選りすぐりの選手が集まって来る。特に日本一レベルが高いとも言われる東都リーグでは、レギュラーになるのも、ベンチに入るのも至難の業だ。レベルが高い大学で野球を続けることを躊躇している高校球児も少なくないだろう。しかし「大学で野球をするのは、それなりの高い価値があります」と鳥山監督はキッパリ。

「好きな野球で自分を鍛えてもらえるのですからね。その代わり卒業したら、親御さんの金銭的な投資はもちろん、これまでの指導者からしてもらった(目には見えない)投資を、野球を続けるなら野球人として、社会に出るなら社会人として、世の中に還元していくのが、われわれの使命だと考えています」

「投資」を「還元」できる選手になるため、國學院大では(1)人間的な成長 (2)日本一になること (3)希望進路の獲得、の3つを野球部の大きな柱とし、その3つ全てを獲得するために日々精進している。鳥山監督は「たとえ(2)と(3)は得られても、人間がでたらめだとしたら、大学で野球をした意味が薄れるでしょう。3つのうち1つでも欠けてはいけません」と語る。

 ところで大学で野球をやりたいのなら、高校時代、技術以外で、どんなことを身に付ければいいのか?取材の最後に鳥山監督に訊ねると、こんな答えが返って来た。「高校野球を通して“強い心”を作ってほしいですね。そしてチームのために何かができて、チームから必要とされる人間になる。これが高校でも、大学でも、野球をする上での必須条件になると思います。自立のためにも目標を持ち、1日1日を大切に過ごしていってください」
ぜひこの年明けに、まずは自律の第一歩として、一日の目標計画から今月、半年後、一年と長期の目標計画まで立ててみてはいかがでしょうか?

(取材・文=上原 伸一)

注目記事
【1月特集】2016年、自律型のチームになる!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第29回 【内野守備上達ドリル・後編】國學院大学 上月 健太コーチに聞く「上達のポイントは持ち替えのスピード差」【先輩から学べ】
第28回 【内野守備上達ドリル・前編】國學院大学 上月健太コーチに聞く「選手の本質を見出すキャッチボール」【先輩から学べ】
第21回 國學院大学【前編】「自分を知ることが自立への第一歩」【先輩から学べ】
第271回 東北楽天ゴールデンイーグルス 嶋 基宏選手「正捕手を守り抜くために意識していること」 【2015年インタビュー】
久保田 昌也(龍谷大平安) 【選手名鑑】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム